ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

困った、双子の後追いが始まった!NGエリアへの侵入を防ぐスノコ使いとは? byぐっちぃ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

双子の後追いが始まりました。

7~8ヵ月になり、ハイハイの腕も上達した頃、我が家にも「後追い」がはじまりました。 前回のエピソード:双子のオムツ代はバカにならない!憧れのMサイズ VS 節約で悩む日々 by ぐっちぃ

私の住んでいたアパートは3部屋あり、それぞれの部屋の仕切りには微妙に段差があるので、こまめとのまめは部屋から出なかったんですよね。

それが!

後追いの力により新たなエリアに侵入することを覚えた! 2人のハイハイのエピソード:気がつくとそこにいない…。前が見えない猛スピードの「仰向けハイハイ」にヒヤリ連発! byぐっちぃ

さてこまった。

キッチンはいろいろ散らかってるし、切った野菜の欠片なんかが落ちてることもあるし(拾えよって感じですが)お風呂やトイレもつながってるし…とにかく雑菌だらけ!

こんなエリアにダブルで侵入してきたら…!おぉお、おそろしや!

これはこっちの部屋にもベビーゲートを設置しないといけない。

と、くまさんに相談したところ、

スノコー!!??

部屋と部屋の仕切りになってるふすまはわりといい長さで

この大きさのゲートを買うと、これまたいいお値段になる…。

ならばお手軽な値段の「スノコ」で代用するのも手かもしれない!

とはいえ、とくにDIYを駆使したりもぜす

ただ、ただ、仕切りにしただけ。

でもこれだけでもキッチンに侵入しないので助かる!

子供たちには申し訳ないけど、安心してキッチンに立てる。

普段はこんな風にしていたのですけど

やや困ったのが急な訪問のとき。

こういうとき、2人抱っこしてあげられたら…!って思いました。

ゲートを開けるわけにもいかないし、2人置いていったらもっと凄まじい泣き声が響いてしまう…。

苦肉の策でひとりだけ抱っこして出迎えたけど

どうしてもひとりは置いてけぼりになってしまう。 「後追い」関連記事:大変な「後追い」を逆手に取って楽しむ♪ 「ハイハイレース」で親子の絆を実感!

当時、支援センターのスタッフさんに後追いの相談をしたら

「声をかける」ことが大事なんだよ。と教えてもらいました。

「トイレいってくるね」とか

「ごはん作ってくるね」とか

とにかく離れるときは声をかける。

そうすると赤ちゃんも安心するようになるからって。

この後から極力「声かけ」はするようにしましたが、じゃあ泣かなくなったか?と言われたら、残念ながら劇的に変わったという思い出はないです。

でも徐々に徐々に浸透していったらしく

6歳になった今でも声かけは続いていますが

たまに私がふらっと席を立つと、一気に双子の捜索隊が出動します。

大きくなっても急に姿が見えなくなったら心配するんですね。

そして逆に子供たちも部屋から出るときは声をかけていく(そして私も安心する)ので、後追い時期の声かけはやっぱり大事だったんだなって思います。

著者:ぐっちぃ

年齢:30代後半

子どもの年齢:6歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ぐっちぃさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

まだまだ続く猫の受難!キャットフードに熱い視線を送る息子との攻防戦!
1人→2人でも、大変さは1倍→4倍!!
かぶせた瞬間に取る!帽子が大・大・大キライな息子、真夏の外遊びどうする?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP