ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地上は雷雨。しかし、その上空37,000フィートの世界は、こんなにも美しかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中学生の頃、ひとりで初めて乗った飛行機。通路側の座席から必死に窓の外を見ようとしている私を見かねて、知らないオジさんが窓側の席を譲ってくれました。ホントに嬉しくて、それはそれは夢中になって外を眺めていましたね。

すると突然、真っ白に雪化粧をした富士山の頂上が視界に飛び込んできた。あのときの興奮は今でも忘れられません。「飛行機に乗ると、こんな世界が見られるのか……」。

私が見たものと類は違えど、ここで紹介する雲の上の景色は、Santiago Borja Lopezさんにとっても一生忘れることのできないものになったはず。

「雷雲」がこんなにも
神秘的って知ってた?

舞台は太平洋上空、37,000フィート(約11キロ)の世界。彼が目にしたのは、この美しすぎる雷雲!

「簡単ではなかったけど、満足のいく一枚が撮れて良かったよ。雷雲がどれだけ大きなものか、そしてそのパワーがどれだけすごいかがわかるはずだからね」と「The Washington Post」のインタビューに答えています。

過去には、こんな一枚も

実は彼、昨年もベネズエラ沖で神秘的な雷雲の撮影に成功。もはや「雷雲フォトグラファー」として確固たる地位を築いていると言えるかも?

それにしても、よくよく考えてみると、雷を「見下ろす」ってとんでもない体験……。これを機に、あなたも記憶に残っている飛行機からの風景について考えてみて。

Reference:The Washington Post
Licensed material used with permission by Santiago Borja Lopez

関連記事リンク(外部サイト)

古い道路標識をリサイクルした、地球にやさしい「反射板」。
2018年販売開始?「家庭用飛行機」時代が本当にやって来る、かも
7月1日より、フランスで「レジ袋」の配布が禁止に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。