ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】勘違いされているコーヒーの知識4つ / プロのイケメンバリスタ・石谷貴之に真実を聞く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちが日常的に飲んでいるコーヒー。喫茶店、コンビニ、バール、缶コーヒー、いろんな場面でコーヒーが手に入るが、そもそもコーヒーに対してそれほど詳しくなかったりする。

・正しい答えが知りたい!
しかも、間違った知識を持っていることも……。そこで今回、プロのバリスタ石谷貴之氏から、コーヒーの間違った知識に対して、正しい答えを教えてもらった。

・バリスタが教える! 勘違いされているコーヒーの知識4つ
1. コーヒー豆は豆ではない
コーヒー豆はその形状から「コーヒー豆」と呼ばれていますが、実はアカネ科の植物「コーヒーノキの種子」なのです。

白い花が咲いた後に赤い実がなります。この実がサクランボに似ているのでコーヒーチェリーと呼ばれています。この実を焙煎すると皆さんが普段目にするあの茶色い「コーヒー豆」になるのです。

2. 眠かったらエスプレッソは間違い
「眠いからダブルエスプレッソ飲んで目を覚ます!」という方も多いと思いますが、実は、ドリップコーヒーと比べてエスプレッソはカフェイン量が少ないのです。カフェインは水に浸かっている時間が長いほど出てきます。

ドリップは抽出に2分ほど、エスプレッソは30秒ほどで抽出が終わるので、エスプレッソの方がカフェインは少ないです。「濃いコーヒーはカフェイン量が多い」という知識は間違いなんです。

3. 華やかなバリスタにもハードな「試合」がある
優雅でオシャレな職業だと思われがちですが、実は実力を競い合うアスリートな一面もあるのです。主な大会として「ジャパンバリスタチャンピオンシップ」という大会があります。

バリスタの日本選手権のようなもので味の評価を中心に、コーヒーを淹れる技術、サービススキルなどを競うバリスタの大会の最高峰のものです。

4. 日本で「コーヒーは栽培できない」は間違い
コーヒーの木は熱帯・亜熱帯地域で栽培できます。ですので沖縄ではぎりぎり栽培できるんです。

ちなみに、産地によって味が違うのは、コーヒーは農作物で気候環境に大きく左右されるので、その土地の土壌や降雨量、標高など様々な違いがあるためです。

・多くの人が間違っている知識
……などなど、意外にも勘違いされている知識が多くあることが判明しした。「コーヒーに対する常識が覆った」という人もいるのではないだろうか。特に「眠かったらエスプレッソ」は多くの人が間違っている知識といえるだろう。

コーヒーは奥が深い飲み物だ。「正しい知識」をたくさん知ることで、コーヒーの味も変化するかもしれない。

・バリスタ石谷貴之氏プロフィール
フリーランスのバリスタとして、バリスタ育成やショップの立ち上げ、イベント内でのコーヒーサーブ、セミナー開催など幅広く活動中。SATURDAYS SURF NYCでは国内4店舗におけるコーヒー部門のディレクションを務め自らも店舗に立つ。2015.09にはWACKO MARIA初の基盤店PARADISE TOKYOのコーヒー部門のディレクションを担う。

ほかにも、Japan Barista Championship 2009.2012.2015にて準優勝、Asia Barista Championshipにて日本代表、Japan Latte Art Championshipにて審査員、Coffee Fest Latte Art世界選手権にて審査員など、複数の華々しい経歴を持つ。

もっと詳しく読む: 勘違いされているコーヒーの知識3つ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/07/21/barista-chishiki/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP