ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元祖泡系ラーメン! 上品な濃厚とんこつで 唯一無二の存在「金田家」【福岡】

DATE:
  • ガジェット通信を≫
元祖泡系ラーメン! 上品な濃厚とんこつで 唯一無二の存在「金田家」【福岡】 f:id:mesitsu_lb:20160715135311j:plain

きっと福岡でラーメン好きの人に聞いたら、みんな知っているであろう「金田家」。濃厚かつ上品なとんこつで口コミでもファン多数。

f:id:hotpepper-gourmet:20160721110210j:plain

場所はJR九州・日豊本線と平成筑豊鉄道田川線、行橋駅のすぐ近く。行橋市役所の斜め向かいにある「金田家」。

車で福岡から90分ほど。まわりはのどかな雰囲気で、近くに大きな商業施設があるわけではないのですが、わざわざこのラーメンを食べる為に、行橋まで向かう人がたくさんいるのです。

f:id:mesitsu_lb:20160715135319j:plain

そんな「金田家」の店内は、こんな雰囲気です。

福岡に行ったからにはわざわざ行きたいラーメン屋。それが「金田家」なのです。

香港やロンドンにも出店。博多のキャナルシティにもあります。

f:id:mesitsu_lb:20160715135323j:plain

これがメニューです。数量限定のチャーシューメン、煮玉子は特に人気なんだそう!

今日は、ラーメンをしっかり味わいたいので、黒豚ラーメンを注文しました。

f:id:mesitsu_lb:20160715135327j:plain

店主の金田さん自らラーメンを作ってくれました。

香港、ロンドン、博多を飛び回っていて、今日は行橋に。そして、手際良く作られたラーメンが目の前に。

f:id:mesitsu_lb:20160715135332j:plain

いよいよ、口コミでずっと気になっていた濃厚豚骨ラーメンをいただきます。

真っ白。そして、カプチーノのような泡がスープの上に乗っています。

見た目から上品な感じのラーメンです。

味は、一口目が「アレ?意外とさっぱり?」という感じ。

ラーメンと言えば、結構ギトッとしたところもあるので、アレ? という。

でも、二口目から食べ進めていくと、その濃厚さがたまりません。

とにかく美味しいです。

濃厚で、べったりしていないのです。口に残るもの(ざらつくようなもの)が何もない。そして、麺と絡んでスルスルと食べられてしまいます。

麺の細さにもこだわり、コシがあって絡むもの、絡みすぎてスープが口に入り過ぎないうよう丸麺など、計算されています。

濃厚で上品な感じで、絶品です。ラーメン好きに支持されるのも納得。

f:id:mesitsu_lb:20160715135337j:plain

この美味しさの秘密は、何と言っても豚骨を20時間かけて作っているというスープと、

独自のタレ。

豚骨は、20時間極限まで煮て、丁寧にアクをとり続けるのだそうです。そうすることで濃厚で口当たりのいいスープに。

そして、タレの秘密は独自に開発したお醤油。

「金田家」では、お醤油も自家製です。醤油メーカーに頼んでわざわざ作っているそう。北海道産の根こんぶと、大分県のどんこがたっぷり。

少し舐めさせてもらいましたが、これだけでも美味しいです。辛くない。

煮物とかしたら美味しそうと思って、「これ、醤油だけでも売ったりしないんですか?」と聞いてみたところ、

「高すぎて、一般家庭向けには売れないと思います」と笑顔で答えてくれました。

原価など考えずに、いいと思ったもので作ってみたらこうなったそう。

f:id:mesitsu_lb:20160715135341j:plain

そして、そのお醤油を元にして作られたラーメンのタレ。出汁がしっかりと

旨み成分をとじこめている感じです。スープが美味しいはずですね。

f:id:mesitsu_lb:20160715135344j:plain

そして、あくなき追求心で、このラーメンを生みだしたのが代表の金田和浩さんです。取材のお願いをした際も即OK。「好きなように書いてもらって構わないんで」と言ってくれました。自信があるからこそ、ですよね。

ラーメン完食後、金田さんに熱く語ってもらいました。

なんと金田さん、ラーメンの師匠はいないのだとか。

全てが我流。いくつかの門をたたいたこともあったそうですが、門前払い。

自分で作ることを決めたそうです。

ここまでのラーメンが出来るまでには、失敗を繰り返し、

「失敗したからこそ、成功したんですよね」と。

「当たり前のことをしているだけなんです。豚骨を20時間かけてスープをつくったり、アクをとり続けることも、ただ極限まで突き詰めていくことで、唯一無二のものを作りたいと思って取り組んでいます」

創業から10年。ずっと唯一無二を目指して研究を続けています。

またスタッフのことを、とても大切にされているのが伝わります。

「家族と同じです。弟子は子どもです」と。

この日お店にいたお弟子さんは、ラーメンの本場、久留米のご出身。

色々な場所で働いたり食べたりしたそうですが、自分の中でお客さんに絶対美味しいってオススメできるのが、「金田家」のラーメンだったと。そして、お弟子さんになったたそうです。「オーナーは、上から言いつけるというより、一緒にいいラーメンを作っていこう。というスタンスでいてくれます」

f:id:mesitsu_lb:20160715135351j:plain

今でこそ泡系ラーメン、「金田家」のようなラーメンも増えてきましたが、元祖はここ。これからも進化が続きそうですね。

これからも楽しみにしています。またうかがいますね!

お店情報

金田家

住所:福岡県行橋市大橋1-4-3

電話番号:0930-24-3666

営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00(※スープがなくなり次第終了)

定休日:木曜日

ウェブサイト:麺処 金田家

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:安藤エリカ

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ロングセラーだけど新しい!? 福岡の“冷やし麺”と言えば「ちんめん」ったい!
福岡の大激戦区・大名で、バラエティ豊かな肉が多彩に楽しめる“串焼き”店!
バイカーでもバイク好きでもないですが 食べに行ってもいいですか?

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。