ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドリカムフェスで2.5万人の“うれたのベイビーズ”熱狂、レキシ、アレキらが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 DREAMS COME TRUEと陣内孝則がホストを務めたライブイベント【うれしたのし大好き 2016~真夏のドリカムフェス~】が7月16日、東京・明治神宮外苑野外特設ステージにて開催された。同会場で音楽イベントは初の開催となり、レキシ、Suchmos、でんぱ組.inc、[Alexandros]、TH eRockers、渡辺直美、DREAMS COME TRUEが出演した。

 イベントは、1992年4月から1年間放送されたDREAMS COME TRUEのレギュラー番組『うれしたのし大好き』が昨年復活したことがきっかけで開催が決定。曇天ながらも雨は降らず、涼しげな風が吹き過ごしやすい1日となったこの日、MCの中村正人と陣内孝則が登場し、陣内の「Everybody、愛し合ってるか―い!」の掛け声でフェスは幕を開けた。

 トップバッターはレキシ。登場するなり「ケビン・コスナーです」と自己紹介すると「きらきら武士」を披露。そこで<Love Love 武士を叫ぼう~♪>や、続く「狩りから稲作へ」でも<ねぇ どうして すごくすごく好きなこと ただ伝えたいだけなのに ルルルルル 稲穂が出ちゃうんだろう♪>とドリカムのフレーズをアレンジしまくり。このフェスならではとも言える芸を見せ、池田貴史は「どうしよう、俺干されるかな?!」と少々反省の色を見せつつ(?)終盤では「稲穂~ォ!」コールで会場を盛り上げ、「アウェーじゃなかったかも!うれしーたのしーです!」と満面の笑顔を見せた。

 続くは、今年フェスに引っ張りだこのSuchmos。挨拶代わりに披露された「YMM」で若手ながらその存在感をしっかり見せつけた。一見クールに見える彼らだが、YONCE(Vo.)は「こういうタイミングででっかいステージの味見をさせてくれたドリカムさんに感謝しています。自分たちもいつかでっかいところでやれるように、てっぺん行きたくてやってます。応援してください!」と熱い野望を掲げ、「STAY TUNE」や新曲「MINT」を披露。活動3年目にしてすでに貫録さえ出ているSuchmosの姿に、オーディエンスも惹きつけられ、そのグルーヴに体を揺らしながら釘付けになった。

 3番手のでんぱ組.incは、夢眠ねむのバイオリンパフォーマンスからスタート。新体操のリボンを使った「でんでんぱっしょん」も披露し、最上もがが「ドリカムさんを好きな方は音楽が好きな方。一緒に音楽を楽しみましょう~!」と呼びかけると「おつかれサマー!」で観客とともにタオルを振り回し、アッパーチューンの連発で会場を盛り上げた。

 [Alexandros]は登場するやいなや川上洋平(Vo.&Gt.)が「声を聴かせてくれ!」とあおり、ヒット曲「ワタリドリ」を演奏。スケール感あるギターフレーズや疾走感あふれるサウンドで観客の高揚感を引き出すと、「Girl A」に続いて8月リリースの新曲「Swan」を披露。話題のCMソングを少し歌うサービスでもファンを歓喜させた。

 そして、シークレットゲストとして陣内孝則率いるTH eRockersが出演。陣内は真っ赤なジャケットにサングラスをかけ、マイクスタンドを宙に回し華麗なステップを踏むロッカースタイルは健在。「ロックンロールレコード」「可愛いアノ娘」などエッジの効いた演奏を聴かせる彼らだが、平均年齢は55歳を超えているとのことで、陣内が「12分以上は演奏するなと医者に言われております」と宣言するとぴったり12分でステージを後にした。

 後半戦には、番組のオーディション枠を勝ち取り“もはや外タレ”と称される渡辺直美が出演。ビヨンセの「Ring The Alarm」で登場し、アメリカで行われるアメリカンフットボールの大会スーパーボウルにて、今年のハーフタイムに披露されたビヨンセとブルーノマーズのショーを再現。キレッキレのダンスとエア歌唱を終えると、ぜえぜえしながら「Thank you guys~!」と挨拶し、観客からはこの日一番の大歓声が贈られた。

 イベントのラストを飾るのは、もちろんDREAMS COME TRUE。浴衣姿の吉田美和が登場し、1曲目から「LOVE LOVE LOVE」をしっとりと歌い上げると場内が感動に包まれた。続いて7月にリリースされた“裏”ベストから「うれしはずかし朝帰り」「go for it!」「みつばち」を立て続けに演奏し、吉田は浴衣姿でステージ上を駆け回り、ダンスまで披露。この日のオーディエンスは“うれたのベイビーズ”と命名され、吉田が「一生に一回のフェスだからさ、みんなが知ってるやつもやるね!」と言うと「サンキュ.」などのヒット曲が次々と放たれた。さらに「うれしい!たのしい!大好き!」では、フジテレビの“クラ・ターナー”こと倉田大誠アナウンサーが、S+AKSのメンバーと息の合ったダンスパフォーマンスで会場を沸かせた。

 さらにこの夜限りの饗宴は続く。アンコールでは、中村曰く“吉田のライバル”レキシと、元気出せ!遣唐使こと風味堂の渡和久がコラボゲストとして再度登場し、ステージ上に花火が打ちあがる中、番組のテーマソングだった「決戦は金曜日」で3人が声を合わせたコーラスを披露。真夏の東京の夜空に大歓声が響き渡る中、最後は陣内も加わり番組恒例の挨拶「Have a nice weekend!!」でイベントを締めくくった。ジャンルの枠を超えたアーティストたちのスペシャルなステージに2万5千人が魅了され、この日のフェスは大成功で幕を閉じた。

Text:神人未稀
Photo:植松千波 / 橋本塁(SOUND SHOOTER)
(C)フジテレビ

関連記事リンク(外部サイト)

DREAMS COME TRUE 『ウラBEST!』発売日 7月7日(七夕)が“ドリカムの日”に認定
一夜限り『DREAMS COME TRUEのオールナイトニッポン』2人そろって登場
[Alexandros]が初の洋画主題歌、監督「音楽を通してこの映画の世界観が壮大に美しく描写されている」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP