ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】KinKi Kids、2016年第1弾SGが断トツの1位!夏ソングが続々チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年7月18日~7月20日までの集計が明らかとなり、KinKi Kids『薔薇と太陽』が14万枚を超える売上枚数で断トツのトップに立っている。

 本作は、KinKi Kidsの20周年突入となる2016年の第1弾シングル。表題曲は、今年再始動をしたTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉の書下ろし、ジャケット写真は俳優の斎藤工が手掛けた、アニバーサリーイヤーにふさわしい豪華な作品となっている。週末にかけてどこまでセールスを伸ばすのかに注目したい。

 2位は、E-girlsの2か月連続リリースの第1弾となる『E.G. summer RIDER』。3位はこちらもサマーソング、Da-iCE『パラダイブ』。TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のOPテーマを収録している、Aqours『青空Jumping Heart』が4位。5位には、10-FEETの約5年ぶりとなるシングル『アンテナラスト』が入っている。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年7月18日~7月20日までの集計)
1位:『薔薇と太陽』KinKi Kids 14.0万枚
2位:『E.G. summer RIDER』E-girls 4.7万枚
3位:『パラダイブ』Da-iCE 4.1万枚
4位:『青空Jumping Heart』Aqours 3.0万枚
5位:『アンテナラスト』10-FEET 2.1万枚
※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

E-girls “夏シングル”第2弾のCOOLな新曲「Pink Champagne」MV公開
Da-iCE 『musicるTV』7月度OPテーマに! 初の日本武道館公演詳細も解禁
『ラブライブ!』Aqoursがアニメチャート初登場首位 ケツメイシらGW映画曲も好調

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP