体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歯周病 治らなくなる「ある一線」とは?

歯周病 治らなくなる「ある一線」とは?

現代人の大部分がかかっていると言われる歯周病。放置しておくと口臭の原因になりますし、ひどくなると歯が抜け落ちることも。

そして、歯周病は大人も子どもも関係なくかかります。自分が歯周病にならないために、そして我が子を歯周病にしないために、どんなことが必要になるのでしょうか。

『歯から若返る10の最強メソッド』(ぴあ刊)の著者で、田北デンタルクリニック院長の田北行宏さんにお話をうかがいました。

■入れ歯をつけるとよけいに歯が抜けるという悲劇

――本書では定期的な歯科検診の必要性を訴えられていますが、歯周病予防の商品が次々と開発されている今でも、病院に行くことなく歯周病をケアすることは難しいのでしょうか。

田北:歯周病の菌は、歯の根に膜状や歯石になって貼りつくので、簡単には落ちないというのがまずあります。その膜を壊すには市販のものよりも強い殺菌剤が必要です。

それと、マメに歯磨きをする方でも必ず同じ場所を磨き残します。よく、「磨き残しがないように、電動歯ブラシを使った方がいいですか」と聞かれるのですが、これは磨き方の癖の問題なので、道具を変えてもあまり効果がないんです。

ですので、やはり定期的に歯科医にかかって、自分の磨けていない箇所を磨いてもらうのがいいのではないかと思います。それによって口の中の菌が大幅に減りますので、歯周病の発症はどんどん遅れていきます。

――歯科の技術や機具も日々進歩しているかと思います。最近新たに開発された医療機器や技術などがありましたら教えていただけませんか。

田北:最近、インプラントの技術の発展と普及は目覚ましいものがありますね。

もちろん、インプラントが良くて入れ歯がダメ、という話ではありません。実際、歯を失った方にとって、長い間入れ歯はなくてはならないものでした。

しかし、入れ歯を使うことが、残っている歯まで失う原因になる可能性もあります。歯の一部がなくなってしまい、その部分を入れ歯にする場合、その入れ歯は両サイドの歯に引っかける形で固定するのですが、引っかけられた方の歯は、ものを噛んだりして入れ歯に力が加わえられることで揺さぶられるわけです。

すると、次第にその歯まで悪くなって、最後には抜けてしまう。そうなると、入れ歯を作り直して、さらにその両サイドの歯に引っかけて固定しないといけません。入れ歯を入れることでどんどん歯を失ってしまうということが起きることもあります。

現在では、自分の歯をできるだけ守るという意味では周りの歯に負担がかからないインプラントの方が有効だと私は思います。

■我が子に歯磨きの習慣をつけさせる裏ワザ

――子どもがいる親としては、息子・娘の虫歯や歯周病は心配です。親としてできることを教えていただきたいです。

田北:自分が歯磨きをしている姿を子どもに見せるのが一番ですね。子どもが歯磨きをしない家庭は、親もあまり歯磨きをしていないことが多いんです。

それと、子どもの特性を知ることも大切です。子どもの反抗期は歯の生え方と重なっていて、最初の反抗期は生後8か月~1年くらいの時に来ます。ちょうど最初の乳歯が生える頃ですね。

それから3歳と6歳で、それぞれ乳歯が生え揃う時期と、最初の永久歯が生える時期です。その次は12歳で永久歯が生え揃う頃と、最後は親知らずが生えてくる18歳。定期的に子どもの歯のケアをして、反抗期の時はあまりうるさく言わない。反抗期が来る前に治療すべきところがあれば治療しておいてあげるといったことが必要になるのではないでしょうか。

もちろん、本を読んだり、適切なアドバイスをくれるいい歯医者さんと付き合ったりして、親が歯についての知識を持っておくのも大事なことです。

――赤ちゃんに口移しで食べ物を与えることで、虫歯の菌が親から子に移ってしまうということが言われます。きちんと歯磨きをしていてもできるだけ避けた方がいいのでしょうか。

田北:虫歯菌の70%が母親の口から子どもの口に移るというデータがありますので、できれば口移しはやめた方がいいと思います。ただ、決してそれは愛情の否定ではなく、子どもの健康を守るためにも、できるだけ口移しの回数を少なくして、する時は親が口の中をきれいにしてから、ということを意識していただきたいですね。

――子どもに歯磨きの習慣をつけさせるために有効な方法がありましたら教えていただきたいです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。