ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fiスポットの自動接続アプリ「タウンWi-Fi」の掲載スポットに150種類が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日の記事で紹介した Wi-Fi スポット自動接続アプリ「タウン Wi-Fi」の掲載スポットに 150 種類もの新規スポットが追加されました。「タウン Wi-Fi」は、全国で提供されている公衆無線 LAN サービスの Wi-Fi スポットを確認でき、接続に必要な情報を事前に登録しておくと Wi-Fi スポットのエリアに入るだけで自動的に接続するアプリです。リリース当初の掲載スポット数は 10 種類ほどでしたが、今回のアップデートで 150 種類が追加され、より多くの Wi-Fi スポットの接続を自動化できるようになりました。公共交通機関では、東京メトロ、都営地下鉄、JR 東、名鉄などが追加され、施設では、イオンモール、アトレ、プロントなどが追加されました。また、大阪、新宿、川崎、広島、福岡などの自治体が提供する Wi-Fi スポットも追加されています。「タウン Wi-Fi」(Google Play)

■関連記事
Galaxy Note 7の鮮明な実物写真
Chuwi、Surface 3を意識したWindows 10とRemix OSのデュアルブートタブレット「V10 Plus」を発表
住友不動産ベルサール、スマートロック対応で鍵の受け渡しが楽な会議室貸し出しサービス「スマート会議室」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP