体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。

クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士です。

ある日のこと、そんなふたりに衝撃的な事実がつきつけられました。

突然のがん宣告。
残された時間はわずか半年。

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。

2015年5月にがんの診断を受けたのはベラの方でした。「WOWT 6 News」によれば、医師は飼い主のクーグラーさんにこう伝えました。

「最悪のニュースです。彼女は悪性骨肉腫です。がんが肺に転移しています。今日脚を切断するか、それとも諦めるか、どちらか選ばなければいけません」。

ベラは片足を失いました。それだけではありません。残された余命はたった3~6ヶ月ほどだと言います。つらすぎる事実でした。彼は悲しみに打ちひしがれました。

とくに、この十年で家族を2人も失っていた彼にとっては、耐え難いできごと。そして、こう考えたそうです。

「彼女が死んでしまったことに、家に帰ってから気づくなんてゴメンだ」。

仕事をやめて、
ベラと最後の旅に出た。

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。
余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。