ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余命半年の宣告を受け、愛犬ベラと旅に出た男性。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クーグラーさんと愛犬のベラは、9年以上仲睦まじく生活を共にしてきた、かけがえのない家族同士です。

ある日のこと、そんなふたりに衝撃的な事実がつきつけられました。

突然のがん宣告。
残された時間はわずか半年。

2015年5月にがんの診断を受けたのはベラの方でした。「WOWT 6 News」によれば、医師は飼い主のクーグラーさんにこう伝えました。

「最悪のニュースです。彼女は悪性骨肉腫です。がんが肺に転移しています。今日脚を切断するか、それとも諦めるか、どちらか選ばなければいけません」。

ベラは片足を失いました。それだけではありません。残された余命はたった3~6ヶ月ほどだと言います。つらすぎる事実でした。彼は悲しみに打ちひしがれました。

とくに、この十年で家族を2人も失っていた彼にとっては、耐え難いできごと。そして、こう考えたそうです。

「彼女が死んでしまったことに、家に帰ってから気づくなんてゴメンだ」。

仕事をやめて、
ベラと最後の旅に出た。






















最初は短い旅行になる予定でしたが、旅は今も続行中。いろいろな出会いがあったようです。

クーグラーさんはこうコメント。

I’ve always wanted to share with people my own point of view when loving on Bella’s face. So today I had a friend hold the camera in front of my face while I loved on Bella. The picture I shared earlier was a screenshot from this clip. Everybody always tell me how happy of a dog Bella is. Well… That isn’t by accident. #love #labrador #happydog #tripawd #mansbestfriend #lovethisdog

Robert Kuglerさん(@robkugler)が投稿した動画 – 2016 3月 13 9:41午前 PDT

「ぼくがベラをどう可愛がっているのか、いつもシェアしていきたい。そうすれば、どれだけ彼女が幸せなのかをみんなが教えてくれるしね」。

半年どころか14ヶ月も続いている旅の様子は、Instagramを確認できます。ふたりとも幸せそう。

彼が「家に帰ってから気づくなんてゴメンだ」と考えて起こした行動は、決して簡単なことではありません。けれど、親しい人と過ごす一瞬一瞬の大切さを改めて考えさせられます。素敵な旅を一日でも長く続けて欲しいですね。

Reference:WOWT 6 News
Licensed material used with permission by Robert Kugler

関連記事リンク(外部サイト)

【パパ共感!】息子が生まれたら、絶対に伝えたい「10のコト」
【21歳の誓い】これからの人生でお金よりも大切にしたい「8つのこと」
20代で夢を諦めるなんて早すぎ!本当に「やりたいこと」やってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP