ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハーブと緑茶をマッチング!『キリン 世界のKitchenから』シリーズに新商品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キリンビバレッジ株式会社の『キリン 世界のKitchenから』シリーズより7月19日、新商品『キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶』が発売されました。

『世界のKitchenから』といえば、この季節タイの家庭の知恵から生まれた「ソルティライチ」が人気ですが、今回ヒントにしたのはギリシャの台所。ギリシャ家庭でのハーブの考え方、食への取り入れ方を参考に、日本人にはなじみ深い緑茶とハーブをマッチング。「冴えるハーブと緑茶」を誕生させました。

【関連:超ミニチュア模型を撮影した、コマ撮りアニメの新作&メイキングがなかなか興味深い件】

ハーブの本場ギリシャでは、日常シーンでうまくハーブを取り入れる工夫がされているそうです。
ハーブに対する考え方が2つあり、体調にあわせて選び家族を元気にしてくれる薬効として使うハーブを「ヴォタナ」。風味やおいしさを期待して料理に使うハーブを「ミロディカ」と呼ぶのだとか。日本でハーブというと、料理のちょっとした添え物に。というシーンが多いので、使い方としては後者が多いですよね。

今回の新商品では、そのギリシャ家庭の日常での取り入れ方とハーブがもたらす“冴え”に着目。レモングラス、ローズマリー、ペパーミントの3種類を使用し、「普通に飲んでいる緑茶でハーブの“冴え”を取り入れられないか」と考え開発したそうです。
肝心の飲み心地はというと、口に含むとペパーミントとローズマリーの清々しい香りがいっぱいに広がり、レモングラスと緑茶を一緒に淹れたことでスッキリとした味わいに。

冴えといえばオフィスシーンでは、エナジードリンクやコーヒーを重宝しがちですが、どちらもあまり飲むと女性はお肌が気になるところ。対しこれなら自然のものをうまく取り入れているので、気にせず日常的に飲めそうですね。
『キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶』は1本140円(消費税き希望小売価格)。全国のお店で販売されています。

関連記事リンク(外部サイト)

危機一発シリーズの「ロシアンぬ~れっと」が面白そう 外れを引くと頭から水ダバー!
大ベストセラー絵本『ママがおばけになっちゃった!』続編発売 絵本では異例の初版12万部
高知名物「ぼうしパン」 元祖が放つ実寸サイズの「デカ帽子」取り寄せてみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP