ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterユーザー考案の『ポケモンGO』注意喚起ポスター簡略版がわかりやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日まだかまだかと配信が待望されているスマホゲーム『ポケモンGO』ですが、内閣セキリュティセンターが「内閣セキリュティセンターからポケモントレーナーのみんなへお願い♪」と異例の注意喚起を行っていると話題になっています。

しかし、そのイラストつき注意喚起ポスターの内容のほとんどは小さな文字でびっしり書き込まれており、特に小さなお子さんの場合は見ただけで読むことを諦めそうなレベルだという意見が多くありました。

【関連:Googleマップでポケモンゲットだぜ!ってしようと思ったけど見つからない?】

『ポケモンGO』はたしかに子どもだけでなく成人している多くの大人たちもプレイすることが予想されており、実際に既に配信されているアメリカでは様々なトラブルが発生していることから大人こそまずは注意すべきだという声もあります。
一方で、では子どもが自発的に注意喚起ポスターを読み、スムーズに理解するためにはどうすればよいのでしょうか。

そんなとき、Twitterユーザーのヲタカさん(@otakake)がポスターの簡略版を制作しTwitter上で発表、13,000以上もリツイートされて話題になっています。
簡略版のポスターはフリーイラスト素材で仕事が早く優秀と名高い「いらすとや」さんのイラストを使用しつくったそうで、文字も大きく必要最低限の言葉で注意喚起の内容が分かりやすく表示されており、多くのユーザーから高く評価されていました。これだと小さなお子さんも理解しやすく、また視覚的にも非常に分かりやすいですよね。

しかしヲタカさんによると、実際につかう場合には簡略化したポスターだけを頼りにするのではなく、必ず理由や詳細まで書かれている内閣セキリュティセンターからの注意喚起を熟読するか、熟読した親御さんたちがお子さんに説明してほしいとのことですよ。

まだ細かい文字を読むのが困難なお子さんには簡略版のポスターを見せながら、内閣セキュリティセンターのポスターを熟読した親御さんたちが口頭で説明するという方法が1番確実かもしれませんね。
何にしても、そろそろ配信されそうな『ポケモンGO』、トラブルに巻き込まれないように楽しんでくださいね!

▼参考
Twitterユーザー・ヲタカさん(@otakake
内閣セキリュティセンターからポケモントレーナーのみんなへお願い♪(nisc.go.jp

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

SMAPを想起させる日本酒名が楽しすぎ 妄想がMORI MORIはかどりそう
プロCG職人のパパが作った息子の動画が再び話題
天皇陛下の生前退位報道で「秘伝のソース」問題ささやかれる

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP