ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自動取り締まり機の設置には大掛かりな工事が必要でした。このため、オービスなどが設置されるのは高速道路や幹線道路がメイン。そして、1度取り付けたらその場での半永久的な使用することが前提でした。そこに「移動式オービスiM」が登場したのです。詳しく見ていきましょう。

移動式オービスの固定式が設置された

近年、取り締まり地点が“固定化”してしまっていることと、通学路など生活道路での事故対策が課題になっていました。そこで警察庁では、フレキシブルに対応できる移動式オービスの導入を検討してきたのです。

移動式オービスには可搬式、半可搬式、固定式の3タイプがあります。そのうち固定式の通称「iM」が、2016年3月、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置されたのです。固定式とはいえ、標識のようにポールを埋めて設置するのため、一定期間での移設も可能でしょう。

設置された移動式オービスはどちらも同じ端末ですが、手前に取り付けられた警告看板に違いがあります。岐阜県の方は「自動速度取締機 設置地区」と、学区内全体への注意を喚起しているのです。

移動式オービスはドップラーレーダー

移動式オービスの本体には、上部にフラッシュライトを設置。ライトの点灯でドライバーや通行人に警告します。レーダーは本体に内蔵されており、ドップラーレーダーで車速を計測する仕組みです。

本体下部には違反車両を撮影するカメラを搭載。データ容量は4万件です。また、上下に走る赤いLEDライトはワーニングライトも搭載。本体後部には「クルマに注意して下さい」などと、音声で警告するスピーカーもあります。

移動式オービスのベースはスウェーデン・Sensys Gatso Groupの「SWSS(Speed Warning Safety System」。沖電気工業が取り扱い、国内向けに改良しています。サイズは35W×78H×44Dcmで、重さは50kgです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP