ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通の腹筋じゃダメ!?「わき肉」を引き締める腹筋トレーニング

DATE:
  • ガジェット通信を≫


普通の腹筋って、お腹の前の中心部分を刺激することができても、サイドにアプローチすることが難しいですよね。そこで今回は、普通の腹筋運動を工夫して、くびれを実現するトレーニングをご紹介します。

まずは腹筋の感覚で、仰向けになりましょう

両膝を楽な位置で立てると、腹筋運動を行いやすくなります。両手で何かをもち(握りやすいものなら、何でもOK!)前方に伸ばします。

ゆっくりと息を吸って、準備完了です。

1:まっすぐに起き上がる

そのまま手を足の方へと動かし、息を吐きながら状態を起こします。肩甲骨が床から離れる程度まで持ち上げればOK。持ち上げたら、お腹の筋肉が刺激されているのを感じながら呼吸を止めずに10秒キープします。その後、息を吸いながらゆっくりと元の位置に戻ります。

2:斜め右に起き上がる

今度は両手を斜め右側に突き出し、ひねりながら息を吐いて上体を起こします。持ち上げたら、お腹の筋肉が刺激されているのを感じながら呼吸を止めずに10秒キープします。その後、息を吸いながらゆっくりと元の位置に戻ります。

3:斜め左に起き上がる

最後に両手を斜め左側に突き出し、ひねりながら息を吐いて上体を起こします。持ち上げたら、お腹の筋肉が刺激されているのを感じながら呼吸を止めずに10秒キープします。その後、息を吸いながらゆっくりと元の位置に戻ります。

1〜3の「まっすぐ」→「斜め右」→「斜め左」のセットを何回もくりかえす腹筋運動なら、前方だけでなく左右の腹筋を刺激することが可能。お腹全体をぐるっとシェイプアップすることができます。おへその上にのったお肉だけでなく、サイドのくびれもしっかりつくりたい人におすすめです。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

22巻が待ち遠しい!人気漫画「NANA」から学ぶ‟ナナ”と‟奈々”の魅力とは
もうシミをつくらせない!美白のための“バランスが取れている”生活習慣とは?
いつもの歩き方を変えるだけで、水着が似合うペタンコお腹に!
立ち仕事・座り仕事の腰痛改善!つらい凝りや痛みに効く、腰ケアストレッチ3つ
上向きバストとくびれを実現する「立ったまま」エクササイズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP