体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旧赤プリ跡地に誕生!「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が話題

旧赤プリ跡地に誕生!「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が話題 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

「赤プリ」の愛称で親しまれた「グランドプリンスホテル赤坂」跡地に、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」がオープンします。

7月27日の開業に先立って、話題のホテルの中身を先行公開!どんな施設になっているのか、早速チェックしてみましょう。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

7月27日、いよいよ開業

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は赤プリ跡地の開発プロジェクト「東京ガーデンテラス紀尾井町」の核となる施設。

世界的なホテルチェーン「スターウッドホテル&リゾートワールドワイド」と提携した、これまでのプリンスホテルのどのブランドにも属さない最上級のホテルです。

記念日など、ちょっと贅沢をしたいときにもおすすめ。

東京メトロ永田町駅に直結しているためアクセスの良さも抜群です。ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 「東京ガーデンテラス紀尾井町」の全景。「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」はオフィス・ホテル棟の上層階に位置ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

2フロア吹き抜けのロビー。シックで落ち着いた雰囲気

「東京ガーデンテラス紀尾井町」の36階にレセプションがあり、部屋は30~36階を占めています。

客室は全250室で、広さは36~148平方メートル。

1階~ 4 階は商業施設、5 階~28 階はオフィスとして利用されています。

インテリアデザインを手掛けたのは、革新的で際立った環境作りを得意とするデザイン会社「ロックウェルグループヨーロッパ」の取締役およびクリエイティブディレクターである「ディエゴ・グロンダ氏」。

グロンダ氏が日本のホテルを手掛けるのは初めてとのことで、注目が集まっています。

芸術性の高い空間を楽しめる部屋

部屋の特徴はなんといってもその芸術性。

まるで一枚の絵画のように見える大窓からの景色は圧巻。その隣にはベッドとソファの機能を兼えた快適なデイベッドを設置。(一部客室)

また、入浴中も景色が楽しめるよう、スイッチ一つで透明になるバスルームの曇りガラスなど、芸術性の高いこだわりの空間を演出します。ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

「デラックス キング」の客室

客室は「スイート」「グランドデラックス」「クラブフロア」「デラックス」の 4 つに分類され、「スイート」「グランドデラックス」「クラブフロア」に宿泊すると、34 階のクラブラウンジを利用できます。

クラブラウンジでは専用のレセプションを備えるほか、時間帯によって朝食や喫茶、カクテルなどを楽しむことができます。

いろんなシーンで利用したい4つのレストラン&バー

ホテル内には4つの多彩なレストランやバーが設けられています。

いずれもプリンスホテルの直営で、これまで培われた味とサービスを存分に味わい尽くすことができます。

日本文化の魅力を堪能できる和食のメインダイニング「WASHOKU『蒼天 SOUTEN』」、イタリアンテイストのオールデイダイニング「Oasis Garden」のほか、特徴の異なる2つのバー、ラウンジが備わっています。

会食やデートなど特別なシーンはもちろん、日々の疲れを癒したいときにももちろんおすすめです。ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会