ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

輪島功一氏 母の口癖は「何があっても他人に負けるな」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「孝行のしたい時分に親はなし」というが、男にとって生まれて最初に接する異性である母の愛のありがたみは、失ってみて初めて気づくことがほとんどだろう。「瞼の母」の思い出を、元プロボクサーの輪島功一氏(73)が語る。

 * * *
 親父はいい男で、“上原謙か輪島芳太郎”といわれていたそうだ。そんな親父に惚れた弱みがあったのか、おふくろは文句ひとついわずに黙々と働いていたよ。

 俺が生まれたのは樺太(サハリン)の豊原。当時、親父は材木関係の仕事をしていて、比較的裕福な生活だった。ところが、2歳の時に日本が敗戦。命からがら日本に戻った時には無一文になっていた。

 北海道の士別町に一家で移り住み、開拓地に入った。満足に食べられず、家は床板にムシロを敷いただけのバラック。冬はマイナス30度となり、朝起きると布団の上に雪が積もっていた。

 家の手伝いで一番きつかったのは“抜根”。大きな木の根っこを抜く作業のことだが、子供にはかなりの重労働。そんな生活から逃げ出したくて、小学6年の時に大成町の叔父のところへ養子に出た。おふくろは「功一が遠くに行ってしまった」と泣いていたそうだ。

 養子先では夕方から明け方までイカ漁船に乗った。授業中に寝ているのを先生に見つかっては棒で殴られた。それに叔父が厳しくてあまり食べさせてもらえなかった。それでも頑張れたのは、「功一、何があっても他人に負けるんじゃないよ」というおふくろの口癖が頭の片隅にあったからだ。

 高校1年の時、叔父に黙って士別町へ逃げ帰った。士別駅に着いたのは夜だったが、おふくろが提灯を持って迎えに来てくれた。その時は言葉らしい言葉はなかったが、息子が帰ってきてうれしかったんだと思う。

 ボストンバッグひとつで上京したのは16歳の時。自動車修理工、土木作業員、新聞配達と職を転々とした。仕事に就くためにあちこちで頭を下げたが、「いつか見ていろ」という気持ちがあった。

 俺がボクシングと出会ったのは25歳。遅すぎるデビューにもかかわらず頂点を極められたのも、おふくろの「負けるんじゃないよ」のお陰だと思っている。

 世界タイトルの6連続防衛と2度の奪還は輪島功一だけ。マイク・タイソンだってできなかった。俺は他の人の3倍練習し、自分で考えた中身の濃い練習を重ねた。その根底にもおふくろの言葉があった。32歳で引退を決めた時、おふくろは「功一、よく頑張った」といってくれた。

 7年前に86歳で亡くなったが、ボクサーの俺から見ても我慢強い女性だったね。

●わじま・こういち/樺太生まれ。元WBA・WBC世界スーパ-ウェルター級王者。「カエル跳びパンチ」で人気を博した。現在はボクシングジムや団子屋を経営。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
中村獅童 正月にまつわる中村勘三郎と「お袋」の思い出語る
「ありのままで」宣言の41歳妻 ノーメイク実践で周囲驚愕
紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP