ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「夢民村」の直売カフェで「甘っ!」を連発、夢を持った農家さんの本気がすごい!【旭川】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道は野菜が美味しい。

これは今さら説明する必要はないでしょう。

肥沃な大地と昼夜の寒暖差が生み出す旬の野菜、

さらに、これから向かうお店は北海道有数の米どころにあります!

ご紹介するのは夢を持った農家集団、「夢民村(むーみんむら)」です。

その「夢民村直売カフェMuu」で食べることができる野菜は、

地元、北海道の人が食べても「甘い!」とうなるほど!

朝採ったばかりの野菜を使用したサラダにスープカレー。

知る人ぞ知る、幻のお米「あや」を使ったオムライスまで登場します。

すぐに北海道に飛び立ちたくなる、旬な情報ですよ!

やってきたのは西神楽

ちょっと前まで、口を開けば「肉~!」でしたが、

本当に美味しい野菜は酒もご飯も進むことを悟った、メシ通レポーターの裸電球です。

これからの時期の北海道。

ホント、すごいですよ。

「夢民村」は2001年、こだわり抜いた美味しい野菜をたくさんの人たちに届けたいと、農家さん9名が集まり設立された農業生産法人です。

「直売カフェMuu」の近隣には「夢民村」の田んぼや畑が広がっており、

アスパラにトウモロコシ、ジャガイモにお米など、

様々な農作物を生産しています。

直売所では「夢民村」や近郊農家の野菜を始め、こだわりのお米や、

近隣で作られた加工品などを買うことができます。

旭川から富良野や美瑛など観光地へ向かう途中にあるため、

これからのシーズンは新鮮野菜を求めて大混雑するお店です。

さすが、北海道。

店に入ってすぐ、ヒグマ がいました。

ガオーっです。

皆さん知ってますか?

こういう時、死んだふりしちゃダメなんですよ。

クマはそんなの関係なしに襲ってきますから。

目を合わせたまま、ゆっくり後ろに下がるんです。

でも、大丈夫。

クマじゃないですから(失礼しました!)。

色々と教えていただく、「夢民村」の営業企画部・島 秀太さん、

身長182センチ、優しい笑顔のがっちり体型です。

農作業をしているスタッフからも、

「クマかと思ったら、秀太だ」が鉄板ネタです。

「夢民村」のある西神楽は、

まわりをぐるっと自然に囲まれているので、

畑にクマが迷いこむこともあるそうです。

そんな環境で作る野菜ですからね。

おいしいに決まってますよ!

奥がカフェになっています

採れたての野菜を味わえるなんて贅沢ですよね。

こんなこと、北海道に住んでいてもなかなかないですよ。

メニューは野菜料理を中心に、

道産牛のステーキや、鱈のムニエルなど地場の食材が楽しめます。

そんなリクエストに応えて出していただいたのがこちら。

「夢民村のスープカレー (980円)」です。

ご覧ください。

ゴロゴロ野菜のダンスフロア ではありませんか!

採れたて野菜を使って作るのがポイントです。

美味しい食材を旬の時期に食べるって、幸せですよね。

いや、なめてましたよ、北海道の底力。

やはり住んでいると、美味しい食材に囲まれているぶん、慣れてしまうんでしょうね。

首都圏の人が驚く野菜の甘みも、心のどこかでは、

「まあ、これくらい普通だよね」くらいの憎たらしい道産子でした。

それが、この「夢民村」の野菜たるや。

本当に甘いです。

野菜によって広がる甘さの感じが全く違うので、

口にするたびに「甘っ!」を連発です。

「夢民村」で作っているお米「あや」です。

おいしい!

粘りが強くて、最高です。

おかずがなくても、ご飯だけを食べ続けられるほどです。

しかも、うれしいことに「おかわり自由」ときました。

この「あや」という品種は、あまり市場に流通していないのでレアですよ!

北海道米なのに冷害に弱く、収穫量も少ないため、敬遠されていたそうなんです。

生産者は減り、一時期は「幻のお米」と囁かれたこともあったそう。

しかし、食味は驚くほど良いので、

農家さんが「自分ち用」に栽培していたんだとか。

アミロースという成分が少ないほど、お米に粘りが出るんですって。

「あや」は断トツでその含有量が少ないそうです。

冷めてもモチモチとした食感が続くそうなので、おにぎりにも最適ですよね。

「夢民村」の社長がこの味に惚れ込み、心をこめて育てているそうです。

ちなみに「あや」は通販でも購入可能です。

皆さんも是非!

さらに新鮮サラダが無料で食べられる!

ランチを注文すると、サラダが食べ放題!

「夢民村」や近郊の農家さんが育てた新鮮野菜が味わえます。

だから「テイスティング」というわけですね!

ちなみに写真はイボイボのないきゅうり「フリーダム」です。

珍しい野菜を味わえるのも魅力です。

このサラダ目当てに集まるお客さんもいるほど。

とてつもなく新鮮ですからね。

野菜そのものの味を楽しみたかったので、

シンプルにオリーブオイルと塩こしょうで。

ああ、幸せです。

ここでも「甘っ!」を連発。

最後に注文したのがこちら!「夢民村あやのチーズオムライス (880円)」です。

甘いお米にトマトソースの酸味、さらに2種類のチーズがコクをプラス。

オムライスになっても、モチモチは健在です。

美味しいお米で作ると、こんなに違うとは。

北海道の食材たちに脱帽です!

お土産も忘れずに!

美味しかった!

ごちそうさまでした!

最後は直売所であれこれ買物して帰ります。

このお酒に使っている酒米も、「夢民村」で作られているんですって。

何から何までスゴイ。

夢を持った農家さんの本気を感じますね。

今日は「夢民村」を大満喫!

野菜も買ったので、最高のおつまみを作って晩酌も楽しみますよ。

皆さんも、北海道を訪れた際には、

西神楽の「夢民村」に足を運んでみてはいかがでしょう。

「甘っ!」を連発しちゃいますよ。

お店情報

夢民村・直売カフェMuu

住所:北海道旭川市西神楽1線17号

電話番号:0166-75-3469

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水曜日

ウェブサイト:http://www.shop.muminmura.com/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「ジュンドック」って言われても、片手で食べられるって言われても、それ、何ですか?【旭川】
ゲソ丼の名店「花ちゃん」の新登場メニューがふりきっている!
激辛のうえに大盛りって勘弁してください!「味の三平」のラーメンに震えて挑む

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP