ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一らが参加した伝説のレーベル「BETTER DAYS」18組によるコンピ発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外でも注目を集めているDJ CHEE SHIMIZUが選曲、監修、楽曲解説を担当するコンピレーションアルバム「MOREBETTER DAYS」が、7月20日にリリースされた。

1977年日本コロムビアに立ち上げられたBETTER DAYS。第1弾リリースである久保田麻琴「ラッキー・オールド・サン」以降、坂本龍一や渡辺香津美といったジャズ・フュージョン、ムクワジュ・アンサンブルやペッカー、清水靖晃といったアヴァンギャルドなどあらゆる路線で先鋭的且つ良質な音楽を生み出してきた伝説のレーベル。近年ではその圧倒的なクオリティが海外のクラブミュージック・シーンでも高く評価されており、清水靖晃、マライア、大野えり、カラード・ミュージック、ムクワジュ・アンサンブルなど海外より熱烈なリリース・オファーがくるなど、ヨーロッパを中心に人気が再燃している。

今作は、BETTER DAYSの歴史を紐解くべく「AVANT-WAVE」と「FUNKY & MELLOW」というテーマを設定し、膨大な音源の中から18組27曲を厳選し、CD2枚に収録。今なお色褪せないサウンドは、聴くたびに新たな発見をもたらしてくれるはずだ。

また、HMV record shopは渋谷店開店2周年を記念して DJ CHEE SHIMIZUとのコラボ・レーベルJapanismから、「MORE BETTER DAYS」連動企画としてCD未収録曲を含むアナログ2タイトルを8月17日に発売する。

2017年にはレーベル40周年を迎えるBETTER DAYS。100タイトルを優に超えるる名作たちに再び光をあてるべく、初CD化など貴重な作品の魅力ある企画やリリースを紹介してゆく予定だ。

「MORE BETTER DAYS」収録アーティスト
清水靖晃、マライア、ムクワジュ・アンサンブル、坂田明、カラード・ミュージック、パラダイム・シフト、ペッカー、藤本敦夫ビートジャズ、渡辺香津美、坂本龍一、古家杏子、小宅珠実、荒川バンド、益田幹夫、村上“ポンタ“秀一、大野えり、古澤良治郎、杉本喜代志(収録順)

コロムビア「MOREBETTER DAYS」商品ページ
http://columbia.jp/prod-info/COCB-54184-5/

HMV渋谷店
http://recordshop.hmv.co.jp/exclusive/31972/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP