体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一括査定で高額買取?ホンダのシルバーウィング買取価格まとめ

ホンダ・シルバーウィングとは

null
出典:ホンダ

ホンダのシルバーウィングは2001年に販売を開始しました。スクーターのフラッグシップモデルとして位置づけられ、大きく600ccモデルと400ccモデルに分かれます。スポーティーなデザインや乗り心地の良さがバイクユーザーに高く評価されている車種です。

このため、シルバーウィングは高値での買取が期待できます。もし、もう乗らないシルバーウィングがあったら思い切って売却することをおすすめします。

なお、売却するときはネット買取を利用すると便利です。シルバーウィングは車体重量がかなりあるため、店舗に持ち込むのはなかなか大変です。この点、ネット買取ならば査定人がバイクのある自宅や職場まで出向いてくれます。また、買取の申し込みは24時間可能です。さらに、複数の業者に一括して査定を申し込むことも可能となっています。

シルバーウィングの買取価格情報

ホンダのシルバーウィングは、買取価格が以下の相場になっています。
(※2016/07/21時点)

2007年式 シルバーウィング400GT 走行距離50,000キロ 買取価格157,000円
2008年式 シルバーウィング400GT 走行距離20,000キロ 買取価格260,000円
2009年式 シルバーウィング400GT 走行距離32,000キロ 買取価格330,000円
2010年式 シルバーウィング600GT 走行距離15,000キロ 買取価格380,000円

買取相場の特徴

シルバーウィングの買取価格は、やはり排気量の大きい600GTの方が高くなる傾向にあるようです。これは新車の販売価格による影響で、
600GTの方が販売価格が10万円ほど高いことが影響しているようです。

また、走行距離によっても買取価格は変わります。走行距離が多い方が買取価格も安くなり、より低走行な車体の方が買取価格が高くなります。

ホンダ・シルバーウィングの製造情報とモデルラインナップ

null
出典:ホンダ

2001年4月にまずシルバーウィング600の販売が始まりました。環境対策のためにマフラーに触媒が取り入れたのが特徴です。同じ年の11月にはシルバーウィング400が発売されています。400モデルにはTモードが搭載されました。Tモードを利用するとスイッチ1つで点火のタイミングと燃料噴射量をコントロールすることが可能です。Tモードはその後、シルバーウィング600にも搭載されるようになりました。

残念ながら、2008年にシルバーウィングの製造は一旦中止されます。車体が自動車排出ガス規制に対応できていなかったためです。しかし、2009年3月にはシルバーウイングGT<400>、6月にはシルバーウイングGT<600>が発売されています。さらに、ABSを装備したシルバーウイグGT<400>ABSとシルバーウイングGT<600>ABSも合わせて発売されました。この新モデルは排出ガス適合規制をクリアしてるほか、騒音も適合規制レベル内になっています。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会