ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スズキの個性派バイク車種別買取相場と高く売るコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

スズキのバイクを高く売る


出典:Reima Karvonen

日本には、ホンダ・ヤマハ・カワサキと言った世界に名だたるバイクメーカーがありますが、そんな中で知名度という点で一歩引けをとったイメージのスズキ。このイメージは間違いではなく、スズキのバイクは、コストを下げて比較的安価なバイクを作るのが得意とするメーカーであり、それが強みでもあります。

しかし、性能という点では妥協せず、400ccクラスのラインナップでは、他メーカーの追従を許さない高性能を誇ります。また、エンジンパワーにも定評があり、人気車種の「隼」では、実に197馬力という驚異的なパワーをたたき出しています。
さて、そんな個性派に好かれるスズキのバイクは、高く売ることが出来るのでしょうか?

スズキバイクの魅力を再確認しよう!

個性重視のスタイル

スズキのバイクは、見た目の個性という点でも特徴的です。その為、明らかにマニア受けを狙ったデザインを定番ラインナップに加えたり、果たして需要があるのだろうか?というような斬新なモデルを突然発表したりします。
そんな個性派バイクを作るのを得意としているため、過去には数々の名車も生み出して来ました。例えば、バイクブームに多くのライダーに好まれた「γ(ガンマ)」、人気の刑事ドラマで主人公が乗って大人気となった「刀(カタナ)」などは、今も旧車会などで愛され続けています。

コストパフォーマンスの高さ

スズキのバイクは、鈴鹿8時間耐久レースでもホンダのレーシングチームを抑えて優勝を果たしています。高性能かつコストパフォーマンスの良さから、草レースでも広く利用され、750ccクラスのスーパースポーツモデルは、現在ではスズキ以外は製造していません。

スズキの人気バイクと買取価格例

GSX1300R 隼

1999年に発売されたモデルで、市販車初の時速300kmを越えた名車。今もモデルチェンジを繰り返しながら、世界中で愛されているスズキを代表する人気車種。
買取実績例 637,000~ 1,085,000円

GSX1100S 刀 

1981年に、それまでの他社バイクの概念を覆す斬新なデザインで一躍話題となった大型オンロードマシン。根強い人気に支えられて、20年に渡って販売され続けました。
買い取り実績例 101,000~1,619,000円

GSR400 

2006年から発売されているモデル。GSX-R600のエンジンをベースに、かつての馬力規制を越えた61馬力というハイパワーエンジンを搭載しています。
買い取り実績例  259,000~501,000円

RG500Γ(ガンマ) 

1984年に登場した500ccモデルで、水冷2ストローク4気筒エンジンを搭載。レーサー仕様のレプリカを目指した過激なモデルは、走り屋と言われるライダーから支持されて大人気となりました。
買い取り実績例  500,000~636,000円

RGV250Γ(ガンマ) 

1980年代後半のバイクブーム全盛期の頃、レーサーレプリカが大人気となり、軽量かつ圧倒的な動力性能で多くのライダーを虜にした人気モデル。
買い取り実績例 109,000~327,000円

GT380 

1972年に発表されたモデルで、空冷2ストローク3気筒エンジンを搭載。380ccという珍しい排気量から愛称は「サンパチ」。400cc以下のバイクで唯一、4本出しマフラーを装着しています。
買い取り実績例  328,000~420,000円

GSX-R750

1985年に発表された、販売価格が100万円を超えた最初のバイク。750ccの車体で重量179kg。400ccバイク並の軽量ボディに77馬力というハイパワーを持つレーサーレプリカです。
買い取り実績例 105,000~911,000円

スカイウェイブ650LX

1998年に発売されたビッグスクーターシリーズ。排気量は、250cc・400cc・650ccの3つのモデルがあり、他メーカーバイクよりも大型で、安定感の良さで高い評価を得ています。
買い取り実績例  165,000~761,000円

スズキバイクの高価買取店紹介

スズキワールド

三大都市圏を中心に、全国24店舗を展開するスズキバイク専門のディーラーネットワークです。スズキの国内販売モデルを全て取扱い、買い取りしたバイクは、基本的にスズキワールドで直接販売するため、中間マージンを発生させず、買取価格に反映します。買い取り・下取りに関する売却後の名義変更・登録抹消などの手続き代行は全て無料。スズキバイクの魅力や特性を知り尽くしているメーカー直営だから、買い替えの際の下取りも安心して依頼できます。

バイクワン

改造パーツや純正パーツなどのプラス買取が可能、ディーラーではマイナス査定になりやすいカスタムバイクオーナーにおすすめのバイク買取専門店です。対象車種は、国産モデル・輸入モデル・逆輸入車・改造車・キットバイクなど全車種対応。不動車や事故車の買取も可能です。また、特殊車や福祉車、電動バイクなどの買取実績があり、他買取店で断られたバイクにも価格が付く可能性大。無料出張査定は、全国の支店・営業所から最短即日対応も可能。買取に関わる諸手続きなども全て無料です。

バイクを高く売る方法

売るタイミングを見極める

バイクに乗りたくなる時期と言えば、ツーリングが心地よい春と秋。つまり、この時期は販売店にとってバイクが売れるベストシーズンですから、〝高く売れるタイミング〟はその直前ということになります。月で言えば、3~4月と9月あたりが、バイク売却に最も適しています。
反対に、安く見積もられてしまう可能性が高いのが、購入者が少ない12~2月の冬場です。

査定前にキレイにしておく

ツーリングに出かけて足回りが泥だらけだったり、しばらくガレージに置きっぱなしでホコリがかぶっていたり。これでは、どんなに人気車種でも、エンジンなどに全く問題がないとしても、印象は良くないですよね。
売りたいのは「バイク」という商品ですが、それを査定するのは人です。査定基準があるとしても、査定員に良い印象を与えるというのは絶対に損にはなりませんよ!

複数業者で比較する

バイク買取の目的は、転売です。「高く売れる」「すぐに売れる」と評価されれば、高い査定額が提示されるはずです。
しかし、業者によっては、タイミング的に在庫過多で買取に消極的になっていることもあります。反対に、たまたま顧客が探していたバイクだったりすると、予想以上の高値を提示されるケースもあります。
少しでも高く売りたいと思えば、複数業者から見積もりを取り、比較検討する手間を惜しまないようにしましょう。

まとめ

バイクの買取は、自宅まで出張査定に来てくれる業者が多いですから、複数業者を同時に呼び集めて、その場で競合させるという人もいます。しかし、気の弱い人だったら、その状況を想像するだけでも緊張しますよね。
正確な査定が知りたければ、1社1社時間をかけて査定を受けるのが一番ですが、とりあえずおおよその査定相場を把握したいのであれば、「ウリドキ」で一括比較したり、バイク買取の一括査定を試してみましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP