ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4人の子を育てながら空いた時間で在宅ワーク。育児に専念しろという夫と大喧嘩!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9歳、6歳、4歳、1歳と年齢も近い4人の子供がいる我が家では、とにかく毎日、育児でバタバタです。

上の3人はそれぞれ、昼間には小学校や保育園に行ってくれますが、1番下の子供はずっと一緒にいる状態です。

ですが、4人の子供を育てるとなると、お金もかかってしまいます。

家計の助けになるようにと、私は家でできるお仕事をしていました。

パソコンに向き合って、1日に4~5時間作業します。

できるだけ子供との時間を大切にするために、朝は4時に起き、子供のお昼寝タイムを利用して・・・

と工夫はしていたものの、それでも2~3時間は、子供との時間を削ってしまうことになります。 関連記事:こんなはずじゃ!仕事と育児で怒濤の日々、洗濯物をたたみながら心をリセット

すると、ある日夫に、

「パソコンを触るの、いい加減にしないか?

子供のことをきちんと見れていないじゃないか!」

と叱られてしまったのです。

私だって、遊びでパソコンを触っているわけではありません。

夫が子供を私に任せきりで仕事に行くのは正しいのに、私が家で子供を見ながら仕事をするのは、間違っているのでしょうか?

そんな思いでいっぱいになり、泣いて叫んで大ゲンカをしてしまいました。

「保育所に子供を預けて働きに出ている人は大勢いるのに、子供を側に置いて働くのは悪いことなの?」

なんて夫に疑問をぶつけながら、ヒステリーに怒る私。

夫も、

「悪かった!」

とすぐに謝ってはくれたのですが、もう止まりません。

ついには子供たちまでやってきて、

「ママ、大丈夫?」

となぐさめてくれる始末です。

ですが、後で落ち着いてきて考えてみると、この時私が爆発してしまったのは、4人の育児と仕事の毎日に疲れ果てていたからなのですね。

そして、周囲の「子供ともっと向き合わないといけない」という言葉が突き刺さるのも、辛かったのです。

そんな胸の奥に秘め続けた大きなストレスと思いが、夫の一言をきっかけに溢れ出てしまったというわけです。

夫はその後、私の仕事を理解し、サポートしてくれるようになりました。

休日は夫が子供たちを連れ出してくれる機会を作り、私が家で1人で仕事に向き合う時間をくれたりします。

どうやら子供たちも、ケンカの時の様子を見て、なんとなく、

「ママはお仕事を頑張っているんだ!」

ということを理解してくれたようです。

そんなケンカがあるまでは、仕事をしていると邪魔をしにくることも多かった子供たち。

あの日以来、私が仕事をしている時には兄弟で仲良く遊んでいてくれるようになりました。

働くママは、子供たちと向き合う時間が短いことに罪悪感を覚えたりしますよね。

ですが、夫にも子供にも思いきり本音をぶつけてみれば、その気持ちを理解して、働くママをきちんとサポートしてくれるようになるのですね。

仕事と育児。

難しい問題ではありますが、支えてくれるようになった夫や子供に、今は感謝の気持ちでいっぱいです。 関連記事:[岡本安代さんインタビュー第1回]”ママウンサー”誕生秘話!妊娠・出産、そして仕事を続けたいという思い

著者:みぽりん

年齢:30歳

子どもの年齢:9歳(長女)・6歳(長男)・4歳(次女)・1歳(次男)

4人の育児に奮闘するママです。お料理が趣味で、子供たちの食育には特に力を入れています!ライターの仕事をしており、育児との両立で大変な状況ですが、家族旅行なども思い切り楽しんで、ストレスを発散しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

産前産後の旦那
夫婦で固い約束をしたなら、思いっきりケンカOK!!
やっぱり子供と離れたくない!バリキャリ志向の私が突然の専業主婦宣言。その時夫は!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP