ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオオリンピック開催間近!ブラジルの通貨って何だっけ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Shinichi Uchiyama「リオデジャネイロのコパカパーナの丘にいってみました」

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。皆さん、ブラジルの通貨と聞いてすぐ答えられましたか? ブラジル、リオでのオリンピック開催もいよいよ迫ってまいりました! 日本とは真反対の位置にある国、ブラジル。陽気な人々、太陽が降りそそぐ情熱の国、そんなブラジルの通貨ついて学びましょう。
旅先の通貨をマスターすれば、旅行も一段とスマートになります。オリンピック選手の方はもちろん、応援でブラジルを訪れる予定のある方も必見です!

ブラジルの通貨って?

Photo credit: Victor Camilo via flickr cc

さて、ブラジルの通貨の名前、皆さんはご存知でしたか? 資産運用にご興味をお持ちの方でしたら「ブラジルレアル」に聞き覚えのある方も多いかと思います。通貨単位はレアル(Real)略号はR$。ブラジルはポルトガル語なので読み方はヘアウ。複数形だとヘアイス(Reais)になります。ではレアルの下の単位は何でしょうか? 
それはセンターボ。略号は¢。R$1=100¢。紙幣はR$2、R$5、R$10、R$20、R$50、R$100の6種類、コインもR$1と1、5、10、25、50¢の6種類があります。R$10の紙幣および各コインは、新旧2種類づつありますので混乱しないようお気をつけくださいね。一番利用回数の多いお金は、10センターボ硬貨から50レアル紙幣。
100レアル札は、あまり流通していないため、少額のお買い物に使用すると、お釣りがないという理由で受け取ってもらえないこともありますのでご注意を。また、ブラジルの習慣として、10センターボ以下のお買い物はお釣りをもらえないか、おまけしてもらうかのどちらかになります。これも1センターボや5センターボ硬貨があまり使用されていない理由によるものです。

為替レート

Photo credit: amy gizienski via flickr cc

為替レートは1ブラジルレアル =30.91 円(2016年7月11日現在)2010年から2015年までは、およそ40~50円前後で推移していましたが、昨年末から、大きく下がり始めました。経済においてはマーケットが大きく変動した為、ブラジルレアルの運用はハイリスクハイリターンなイメージがありますね。しかし現在のレートは旅行者にとっては喜ばしい限りです。
今は1レアル約30円と覚えれば分かりやすいですね。レートは日々変動しますので直近のレートを知りたい方は以下のサイトからご確認ください。
為替レートはこちら

レアルへの両替

Photo credit: Mark HillaryFollow via flickr cc

日本円(JPY)からブラジルレアル(BRL)に両替するには一旦、円を米ドル(USD)に両替してからの方がお得!
最も便利かつ手数料が安い方法は、日本で円を米ドルに替え、ブラジル到着後に米ドルをレアルに替えること。両替の手数料は二回分掛かりますが、円からレアルへのレートが極端に悪いため、この方法のほうが一般的なようです。
それに米ドルであればブラジルのどこでも両替が簡単で、万一使い残しても次回の旅行で使えます。

両替するには?

Photo credit: Rafael Vianna Croffi via flickr cc

日本ではレアルを取り扱う会社は滅多に見つかりません。オリンピックが近づいた今では少し増えているかもしれませんが・・。日本での両替は極端にレートが悪く、全額をレアルで持っていくのは、よほどの理由がない限りやめたほうがいいでしょう。また、円をブラジルで両替するのも同様です。もしリオやサンパウロ以外の、地方都市に行かれる方は日本円の両替はほぼ不可能なので、これも米ドルのご用意をオススメする理由の一つです。
トラベラーズチェックも同じく地方へ行くと両替不可だったり、手数料がとても高かったりするので、なるべくならやめた方がいいでしょう。

両替できる場所は?

Photo credit: MAURO CATEB via flickr cc

外貨の両替は銀行(Banco)両替所(Casa de Cambio)高級ホテル、一部の旅行会社で可能です。空港はレートが悪いのであまりお勧めしませんが、移動にお金が必要な場合、初日分程度は両替してもいいかもしれません。市内に出れば、リオデジャネイロやサンパウロなどの大都市であれば、至るところに両替所が点在しており、両替に困ることはありません。
また、お店によっては米ドルでの支払いも可能で、お釣りはレアルで渡されることがあります。両替の手間と手数料が省かれてお得ではありますが、計算に自信のない方は誤魔化されないよう十分にご注意ください。

両替するにあたって注意して欲しいこと

Photo credit: Quinn Dombrowski via flickr cc

両替の際には十分な配慮が必要です! 以下に注意点をまとめました!

・レートの非常に良い両替所は、逆に手数料をたくさん取られたり、お金をごまかされたりする可能性があります。中には違法営業のお店もありますので注意が必要です。
・100R$札はあまり流通していません。銀行によってはお札を選ぶことができるので、50R$以下のお札をお願いしましょう。
・両替し屋外へ出る時には、まわりに怪しい人がいないか注意してください。
・両替するときはパスポートを忘れずに持参しましょう。
・サンパウログアルーリョス空港を出たばかりの観光客が、強盗に狙われるという事件が多発しています。サンパウロ空港ロビーでの両替はできるだけ避けましょう。
・両替はできるだけ一度に済ませ、しかも旅行中に使い切ってしまえる金額だけを交換するようにしましょう。

クレジットカードも使えます!

Photo credit: 401(K) 2012 via flickr cc

街には意外とATMが普及しており、国際キャッシュカードやクレジットカードが利用可能なのでとても便利です。しかし、治安が心配である分、キャッシングの際は必ず屋内のATMを利用するようにしましょう。銀行のATMであれば、なお安心です。手数料や利息などを考慮しても、「クレジットカードの積極的な利用+現金は現地でキャッシング」の組み合わせが最も便利で安心です。
ただし、何回にも分けて小出しに引き出すと、その都度利用手数料が加算されるので、一回の引き出しで過不足なく引き出すのが賢明でしょう。これは現金の両替の基本と同様です。また、飲食店でのクレジットカードの利用も、ワイヤレスの決済端末が普及されつつあり、席で支払いが出来るため、スキミングの心配なく使用出来るようになりました。(端末が固定の場合は席ではなくレジで支払いします)
海外キャッシングは設定の枠内のみの使用に限定されるケースがありますので、ご出発前にご自身のカードを必ずご確認くださいね!

チップ

Photo credit: Victor Camilo via flickr cc

ブラジルの場合、ほとんどの料金にサービス料が含まれているため、チップは必要ではありません。バーやレストランなどはお会計にサービス料が入っていますし、タクシーもメーター通りで大丈夫です。チップの習慣のない日本人からすれば、安心ですよね。もし、すごく親切にしてもらったなどの感謝の気持ちをお渡ししたいのであれば、あげてももちろん構いません。

おわりに

オリンピック開催で多いに様変わりしつつあるリオデジャネイロ。かつて東京がそうであったように、交通が整備され、新しい建物が次々と完成してゆく・・。そんなエネルギッシュな街の空気を感じてみてください。ブラジルは親日家も多いお国柄なので、きっと忘れがたい思い出が出来るはず! 4年に一度の世界規模の盛大なお祭りを多いに楽しんでくださいね!

ライター: Kumiko Otsu
Photo by: Shinichi Uchiyama「リオデジャネイロのコパカパーナの丘にいってみました」

Compathyでブラジルの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、ブラジルを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Kensuke Utsumi「世界23周の旅:ブラジルワールドカップ編(前半)」

*Yusuke Saito「朝起きて窓を見ると一面に広がるビーチ。そんな生活に憧れた。〜世界一周おふくろの味巡りの旅リオデジャネイロ編〜」

*Misako Masuda「絶景、ビーチ、音楽 – 全てが揃うRio de Janeiroを満喫」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP