ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海老蔵 妻・麻央と過ごす時間のために40日の長期休暇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《今日もトレーニング! あと9日、とにかくここを乗り越えれば休みにグンと近づくので正念場》。7月18日、ブログにそう綴ったのは市川海老蔵(38才)。ここ数年、オフは年間わずか数日という生活を送ってきた海老蔵が、今年の夏は長期休暇を取ることに決めたのだという。

「8月上旬の舞台が終わってから、9月の舞台が始まるまで約40日間スケジュールが空いています。当然、稽古などはあると思いますが、ここでまとまった休みをとるようです」(歌舞伎関係者)

 海老蔵が休みをとった理由――それは妻・麻央(34才)と過ごす時間がほしかったからに他ならない。6月に麻央が乳がん闘病中であることを発表して以来、ブログでもたびたび病状について触れてきた海老蔵だが、14日には、《休暇は去年の春から決めてたよ》《松竹さんの承諾は勿論貰わずに、個人で決めてたよ》と綴っている。

 ここで言う「松竹さん」とは、歌舞伎の興行を行う松竹のこと。この長期休暇は、海老蔵の覚悟の表れでもある。麻央は現在、乳がん治療の権威といわれる都心のA病院に通院し、放射線治療を受けている。一昨年秋の乳がん発見当初は治療法も手探りで、入退院を繰り返していた麻央だが、夫や家族と相談した上で、彼女は最終的に「切らないで治す」ことを決断。以降、治療方針や日程が定まり、先の予定が見えやすくなったという。

「それを受けて、海老蔵さんは1年以上前に、このタイミングでの休みを決めました。海老蔵さんクラスの歌舞伎役者がこの決断をするのは、相当な勇気がいります。歌舞伎の演目は、襲名など大きなものは2~3年前から、毎月の公演はだいたい4か月前から決まります。その合間に自主公演や歌舞伎以外のテレビ、映画、CM撮影が入ってくる。それらの仕事を1か月もの間全て休むというのは至難です。海老蔵さんは自ら数多の仕事関係者に頭を下げ、根回しをし、綿密にスケジュールを調整してきたのです。彼にとって麻央さんと過ごす時間は、他の何よりも優先されるものだったのでしょう」(前出・歌舞伎関係者)

 全ては、麻央の笑顔を見るために──。8月は長女と長男の幼稚園もお休み。こんなにも長く家族が揃って一緒に過ごせるのは、結婚以来初めてのこと。長期休暇を明かす前の今月11日、海老蔵はブログにこう綴っていた。

《家族孝行する事が今の私の一番したいこと》。1年越しの切望が叶う夏休みはもう目前だ。

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか?
二階堂ふみが新居に深夜招いた「絶食系男子」
松居一代が離婚危機、船越英一郎にポルシェおねだりゲット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP