ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Razer、北米でPC向けVRHMD「OSVR HDK2.0」の予約を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PC周辺機器メーカーRazerは、オープンソースなVRプラットフォームOSVRに対応したVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)OSVR HDK2.0の予約受付を開始しました。

OSVRはRazer等が進めているオープンソースのVRプラットフォームです。RazerはそのOSVR向けのVRHMDとしてHDK(Hacker Dev Kit)を発売してきました。

これまでのHDK1.0シリーズは開発者向けの趣が強く、299.99ドル(約31,500円)で提供されていました。HDK2.0はより、コンシューマー向けを謳っており、設定の簡略化などを図っています。また性能も解像度が両目合わせて2160×1200の有機ELパネルを2枚使用しています。実現するフレームレートは90fpsと、スペックだけ見ればOculus Rift製品版やHTC Viveとも並ぶ性能です。

また、赤外線カメラが同梱され、プレイヤーの位置をトラッキング可能です。ほかにもHDK自体を改造することも可能ということで、非常に可能性を秘めたVRHMDとして期待されています。

価格は399ドル(42,000円)で発売されます。予約は2016年7月21日現在、北米のみ。さらにシューティングゲーム『Descent: Underground』とレースゲーム『Radial G: Racing Revolved』の2つが同梱されます。

2016年のE3で体験した限りは、コンテンツの問題で高解像度、高フレームレートを十分に実感することができず、未知数のOSVR HDK2.0。日本での発売予定も注目のデバイスです。

(関連記事)
OSVR、約400ドルでOculus Riftとディスプレイ性能が同レベルの新バージョンHDK2を公開

謎に包まれた300ドルのPC向けVRシステム「OSVR」とは何か。その可能性とは。

(参考)
http://www.razerzone.com/store/hdk2

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP