ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理&営業時間が一目瞭然! その名もずばり「カレー屋3時まで。」【荻窪】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


中華、バー、そしてカレーという三兄弟

「カレー屋3時まで。」

提供している料理と、営業時間がズバリとわかる。これほどわかりやすい店名はないだろう。痛快!

場所は東京、JR中央線の荻窪駅北口から徒歩5分。個人経営の飲食店が並ぶ、天沼八幡通り。ここを通って帰路に着く住民が多いため、多くの人で賑わっている。その一角で営業をしている。いわずもがな営業時間は……もちろん11時~15時まで。

店舗まで足を運んで取材を進めていくと、特殊なのは店名だけではないことがわかった。まずは店舗の遠影写真を見てほしい。

隣が中華料理店なのだ……!

1階の中華料理「啓ちゃん」。隣の建物の2階にバー「Bar Soar」。バーの昼営業として「カレー屋3時まで。」。

実はこれら3店舗はすべて同じ経営者が切り盛りしているのだが、それぞれが隣接しているばかりか、味の秘密につながっているというのは、のちほど紹介する。

経営者の幸田啓さんは、中華料理店で修行後、2011年7月に独立。最初に始めたのが中華料理店だった。

さらに飲み屋さんにも興味があり、2015年10月にバーを開店。

そしてバーの昼営業として、「カレー屋3時まで。」が2016年3月から始まった。

つまり、どんどん拡張している!

カレー店と中華料理店、バーを一緒に経営しているのはここだけだろう。さっそく店内へ。

隣接した建物の2階に登ってみると、洋酒のビンが並ぶ小綺麗なバーがお目見え。昼営業として「カレー屋3時まで。」が営業しているのだ。

中華仕込みの濃厚なオリジナル洋風カレー

さてこちらがレギュラーメニューのカレーである。

▲カレー並盛り(650円)。さらにフライドオニオン(100円)、チーズ(100円)をトッピング

一見、普通の洋風カレーに見えるが、口に含むと実にしっかりとした味。密度の濃いカレールウで、他では味わったことのない謎のズッシリとした重みが感じられる。そしてチーズが風味、フライドオニオンが香ばしさを演出してくれる。

この濃厚さの秘密は、1階の中華料理店にある。実は、中華スープやラーメンのカエシなどを使い、中華料理の味を取り入れているのが特徴。あれこれ研究した結果、鳥ガラ、豚ガラ、にんにく、ショウガなどを煮詰めたものがカレーのベースとなっている。

ダシが出ているので旨味が違うんです。ぼけていて味がはっきりしていないカレー屋さんってあるじゃないですか。自分の場合、あくまで自分が美味しいと思えるようなモノを作りたい。だから、パンチがあって、また行きたくなる味を目指しました。ある意味で「クセになるような」味わいを出せればと。(幸田さん)

そう、ハマる人はハマるオリジナリティのある味わいだ。

カレー店と中華料理店を一緒に経営するお店は、少ないだろう。中華料理店のメニューでたまに見かけるカレーの多くは中華鍋で作られるが、それらと違ってカレー専門店の味を基準にしているのも個性のひとつといえよう。

ガッツリいきたいなら、「特盛り」がオススメだ。

▲カレーの特盛り(850円)に、ソーセージ盛り合わせ(350円)をトッピング

値段の割に、けっこうな量(500グラム!)で満足度が高い。トッピングで乗せたソーセージ盛り合わせはチョリソー、ハーブ系が合わせて5種類。2杯分食べた気分で、午後も乗りきれる!

普段使いしてもらえるように価格設定は安め。この他にトッピングも豊富。ちなみにテイクアウトも可能だ。

スプーンもこだわって食べやすいものをセレクト。このレンゲスプーンは柄が普通よりも幅広に作られており、それなりの重さもあるので安定感バツグン。

中華料理店で修行を重ねた幸田さん。ただ昔からカレー好きでカレー店もやってみたかったという。

お昼時になると、近隣の会社にお勤めのお客さんがどっといらっしゃって、1階の中華料理店が満席になっちゃうんです。そうしたお客さんの流れをどうにか呼び込もうと、普段お昼の時間は閉めているバーをカレー店として開店しました。開店からまだ数カ月ですが、「カレー屋3時まで。」に、ほぼ毎日きてくださるお客さんもいらっしゃいます! (幸田さん)

中華料理は、厨房に立つ料理人によって味がずいぶんと変わってしまう。しかし、カレーは完成品を盛るだけで出せるので、味がブレる心配もなく、比較的開店もしやすい。お互いの長所をいかしつつ、うまく両立させている。

夜のバー営業ではカクテル&中華メシも堪能できる

この「カレー屋3時まで。」、19時からは「Bar Soar」として営業している。

バーテンダーは、その道8年の地元の後輩。バー開業後「僕に任せてください」と直訴してきたそうだ。

ちなみに、バータイムは夜中の3時までカレーが食べられるだけでなく、1階の中華料理店が23時まで営業するため、バーに居ながらにして中華料理も注文できてしまう。

一風変わったというか、便利すぎる業態だ。カレーや木耳と玉子炒め、麻婆豆腐なんかをつつきながらカクテルをたしなめるので、会社帰りに晩ごはんを頼むお客さんもよく来るそう。納得!

▲スタッフの幸田葉子さん(左)と、脇田木綿子さん(右)。ふたりは中学の同級生。このユニークな店名はスタッフみんなで考えたという

最後に「3店舗を同時に経営するのは大変ですか?」と幸田さんへ問いかけると、「やはりスタッフがいてこそ成り立っています」と模範解答のような答えを頂いた。店長をこなせる人間は、懐の広さと人徳あってのこと。このお店の居心地の良さは、切り盛りしている人々の繋がりから生まれるのかも……。

近所に住んでいる方は、味覚以外の何かも得られるものがあるはず! まずは近所でなくとも濃厚なカレーに舌鼓を打ってほしい。

ただし、営業時間は「3時まで」!

お店情報

カレー屋3時まで。

住所:東京都杉並区天沼3-31-35 2F

電話番号:03-3393-2922

営業時間:11:00~15:00

定休日:無休

ウェブサイト:https://www.facebook.com/3jimade/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:高岡謙太郎

オンラインや雑誌で音楽・カルチャー関連の記事を執筆。共著に『Designing Tumblr』『ダブステップ・ディスクガイド』『ベース・ミュージック ディスクガイド』など。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

西荻窪の発酵専門店! 醸(かもし)カフェの店主に聞く「発酵のヒミツ」
ここでつくってここで飲む! できたてクラフトビールが飲めるブリューパブ「高田馬場ビール工房」
中央線沿いで飲むならここしかない! 北海道からの刺客「串鳥」攻略法を元店員が教えちゃうよ!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP