体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

料理&営業時間が一目瞭然! その名もずばり「カレー屋3時まで。」【荻窪】

f:id:Meshi2_Writer:20160606020149j:plain

中華、バー、そしてカレーという三兄弟

「カレー屋3時まで。」

提供している料理と、営業時間がズバリとわかる。これほどわかりやすい店名はないだろう。痛快!

場所は東京、JR中央線の荻窪駅北口から徒歩5分。個人経営の飲食店が並ぶ、天沼八幡通り。ここを通って帰路に着く住民が多いため、多くの人で賑わっている。その一角で営業をしている。いわずもがな営業時間は……もちろん11時~15時まで。

店舗まで足を運んで取材を進めていくと、特殊なのは店名だけではないことがわかった。まずは店舗の遠影写真を見てほしい。

f:id:Meshi2_Writer:20160606020204j:plain

隣が中華料理店なのだ……!

1階の中華料理「啓ちゃん」。隣の建物の2階にバー「Bar Soar」。バーの昼営業として「カレー屋3時まで。」。

実はこれら3店舗はすべて同じ経営者が切り盛りしているのだが、それぞれが隣接しているばかりか、味の秘密につながっているというのは、のちほど紹介する。

経営者の幸田啓さんは、中華料理店で修行後、2011年7月に独立。最初に始めたのが中華料理店だった。

さらに飲み屋さんにも興味があり、2015年10月にバーを開店。

そしてバーの昼営業として、「カレー屋3時まで。」が2016年3月から始まった。

つまり、どんどん拡張している!

f:id:Meshi2_Writer:20160606020305j:plain

カレー店と中華料理店、バーを一緒に経営しているのはここだけだろう。さっそく店内へ。

f:id:Meshi2_Writer:20160606020229j:plain

隣接した建物の2階に登ってみると、洋酒のビンが並ぶ小綺麗なバーがお目見え。昼営業として「カレー屋3時まで。」が営業しているのだ。

中華仕込みの濃厚なオリジナル洋風カレー

さてこちらがレギュラーメニューのカレーである。

f:id:Meshi2_Writer:20160606020329j:plain

▲カレー並盛り(650円)。さらにフライドオニオン(100円)、チーズ(100円)をトッピング

一見、普通の洋風カレーに見えるが、口に含むと実にしっかりとした味。密度の濃いカレールウで、他では味わったことのない謎のズッシリとした重みが感じられる。そしてチーズが風味、フライドオニオンが香ばしさを演出してくれる。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。