ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超濃厚な「シェイク シャック」の絶品アイス。もう食べた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイスに注目。

毎日お店で作られている、クリーミーで濃厚なフローズンカスタードは、コーンシロップなど砂糖以外の甘味料を使わずにつくられています。シェイクや「コンクリート」は一度食べておいて損はなし!店舗によって違った味が楽しめるオリジナルメニューをチェックしてみて。

「コンクリート」って?

フローズンカスタードと厳選したトッピングを高速でミックスした、シェイク シャックオリジナルのアイスが「コンクリート」です。

たとえば、相性がいいのは風味が強く後味があっさりなグルメポテトとして人気のユーコンポテトをクリンクルカットにしたフライ。交互に食べれば、塩っ気と甘みで無限ループに陥るという魔性のアイス♡

日本1号店の外苑いちょう並木店にある、日本限定メニューを見てみましょう。

日本らしい素材をミックス♪
「Walk In The Park」

バニラカスタードに、ゆず味噌キャラメル、抹茶マカロン、抹茶、きな粉をトッピング。テーマはまさに和。夏にピッタリですね。

新鮮なイチゴとバナナを堪能
「Strawberry Banana Crunch」

バニラカスタードにストロベリーピューレ、シーソルトショートブレッド、フレッシュバナナをトッピング。新鮮なフルーツの香りが楽しめそう。

こだわりのカカオ豆入り!
「The Tokyo Edition」

チョコレートカスタード、バニラカスタードに、世界から良質のカカオ豆を選び、仕入れから製造まで自社工房で行っている「Minimal(ミニマル)」の Cocoa Nibs が入ったコンクリート。黒ごまペーストや、マシュマロソースをトッピング。

チョコの塊とブラウニーが濃厚
「Shack Attack®」

チョコレートカスタードに、NYで行列をつくる「ドミニクアンセルベーカリー」の日本店がシェイク シャックのためだけに毎日焼いている、ミルクチョコレートポップコーンブラウニーが入ったコンクリート。

ファッジソースに、フランスの老舗チョコレートメーカー・ヴェローナのチョコレートチャンク、チョコレートスプリンクルをトッピング。豪華なコラボがたまりません。

そのほか、黒ゴマペーストを使ったシェイク「ブラックセサミ」も日本でしか味わえないもの。そして、2号店のアトレ恵比寿店にも限定メニューが登場していますよ!

とろけるマシュマロソース♡

「E-bean-su(エビーンス)」

バニラカスタードに小豆キャラメル、マシュマロソース、シーソルトショートブレッド、きな粉をトッピング。

チョコバターナッツ?耳ピク!
「Chocolate Peanut Butter Crunchcrete」

チョコレートカスタードにピーナッツバターソース、ヴェローナ社のチョコレートチャンク、チョコレートトッフィーのチョコレートピーナッツをトッピング。

とろふわソースと、
ポップコーンブラウニーが贅沢
「The Third Man’s Mix」

チョコレートカスタード、バニラカスタードにマシュマロソース、「ドミニクアンセルベーカリー」のミルクチョコレートポップコーンブラウニー、チョコスプレーをトッピング。

恵比寿駅構内に流れる発車メロディ、映画『第三の男』のテーマソングからネーミングしたそうです。ゼッタイ聞き覚えがあるはずなので、こちらも要チェック。

フローズンカスタードは、定番のバニラとチョコレートのほか、週替わりのフレーバー「Weekly Custard」もあります。何度も訪れてチェックしたくなっちゃいます!

夏のメニューが、
豊富すぎて困る…。

アイスのほか、店で手づくりしているオリジナルレモネード「シャックメイドレモネード」で喉を潤すのも◎。2ヶ月ごとにフレーバーが替わる「スペシャルフレーバー」や、レモネードとアイスティを半々に混ぜた「フィフティーフィフティーTM」も見逃せないんです。

むし暑い夏の夜を、ハンバーガーと相性抜群のドラフトビール「シャックマイスターエール」でキックスタートするのもアリ。とくに「アトレ恵比寿店」では、日本のビールなどアルコールメニューも充実。アイスの甘みとビールの苦味のマッチングもイイかも!試してみては?

Licensed material used with permission by Shake Shack

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP