ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ゴーン・ガール』原作者によるサスペンス小説を新たに映画化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ゴーン・ガール』の原作者・ギリアン・フリンの小説を新たに映画化した、『ダーク・プレイス』が公開中。

1985年、母親とその2人の娘が惨殺される事件が起こる。8歳で生き残った末娘・リビーの証言により、兄・ベンが逮捕された。それから28年後。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビーの元に、「殺人クラブ」から連絡が届く。日々の生活に困窮していたリビーは、報酬に目がくらみ、出席を決意。クラブを怪しみつつ、嫌々ながら28年前の事件を振り返ることになる――。

忘れかけた記憶をたぐり寄せながら、思いがけず真実へと近づいていくリビー。やがて彼女がたどり着いた、衝撃の真実が明らかになっていく。嘘をついているのは、一体誰なのか?

ダーク・プレイス
監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、クロエ=グレース・モレッツ
(2015年/イギリス・フランス・アメリカ)
公開中
(C)2014 DAMSELFHISH HOLDINGS,LLC ALLRIGHT RESERVED.
http://dark-movie.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP