体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラウザでVR?なにそれおいしいの?池澤あやかがWebVRの勉強会に潜入してみました!

WebにVRを求めるのは間違っているだろうか?

今回潜入してきた勉強会は、渋谷のイベントスペースdots.で行われた「html5j Webプラットフォーム部勉強会 第13回勉強会~WebにVRを求めるのは間違っているだろうか?~」。

▲受付嬢は、勉強会やハッカソンでよく見るあの人だ…!

WebVRとは何だろう

まずお話してくださったのが、面白法人カヤックの比留間和也さん。「WebVRことはじめ」というテーマで、WebVRの概要をお話してくださいました。

1960年代にデパートのアトラクションとして誕生したVR。

今年は「VR元年」と呼ばれるだけあって、Oculus Rift DK2やHTC Vive、PlayStation VRなどの高性能VRゴーグルや、スマホで体験できるハコスコやGoogle Cardboardなど、たくさんのVRゴーグルや周辺機器が揃ってきており、一大ムーブメントになりつつあります。

▲過去にも何度か「VR元年」と呼ばれた年があったものの、今回はGoogleトレンドを見ても「VR元年」にふさわしいと言えるでしょう。

そしてこのビッグウェーブがWebにも!というのが「WebVR」…なわけではなく、厳密にはWebVRとは、WebVR APIというAPIのこと。APIからPCに接続されたVRゴーグルとセンサーを認識し、ブラウザ上で使えるようにしています。

ブラウザで動くものなので、WebではおなじみのJavaScriptを使って開発することができます。

APIの仕様はこちらにまとまっています。比留間さん曰く、Webでジャイロセンサーを使うときと同じような感覚で使えるのだそう。

もちろん比留間さん自身もVRの制作を行っており、「カヤックVR部」のWebサイトはWebVRを使った制作事例としてとてもわかりやすいので、一見の価値ありです。

▲カヤックVR部のサイト!ぜひVRゴーグルでごらんください!

WebVRはWeb技術を応用したものなので、特に何もインストールすることなくブラウザ上で体験できたり、Webサイトのように簡単にリンクを貼ることができたりと、そういう点ではとても大きなメリットがあると感じました。

ただ、誕生したてホヤホヤの技術なので、まだ対応ブラウザはとても少ないです。今どのブラウザに対応しているかはこちらのWebサイトから確認することができます。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。