ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安インプラント治療 1本手術で約28万円の利益出る計算

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なぜ歯医者絡みのトラブルや疑問がこんなに多いのか。背景には、「患者のためになる治療はカネにならない」という構造的欠陥がある。ジャーナリスト・岩澤倫彦氏が歯科業界の問題の元凶にして、最大のタブーである「値段」に斬り込む。ここでは「インプラント」の価格についてレポートする

 * * *
 5月下旬、右側の奥歯に痛みを覚えた筆者は首都圏の歯科を訪ねた。そこで笑顔で応対した歯科医は、痛みのある歯への言及もそこそこに、別の「痛くない歯」の話を始めたのである。

「それとね、左下の奥歯2本、これは抜歯しないとダメですね。破折(ひび割れ)しているようですし、根尖病巣(※注:歯根の先に膿が溜まっている状態)があるので、早く抜いたほうがいいです。驚きましたか?」

 痛くもない歯をいきなり「抜く」といわれたのである。この歯科は予防歯科(※注:虫歯や歯周病を未然に防ぎ、口腔内を健康に保つための診療科)が売りで、歯を極力抜かずに残す治療を受けられるとHPで宣伝していた。

 2本抜歯した後は、どういう治療になるのか聞くと、「インプラントがベストだと思います。詳しいご説明は後ほど」といわれた。

 問診票の「悪いところは全部治したい」「自費治療も含めた最善の治療を受けたい」にチェックを入れたからだろうか。そこで取材も兼ねて都内の格安インプラント(人工歯根)クリニックを訪ねてみた。

「頑張って残しても将来性があんまりない。第一選択は高価ですが非常に信頼できるS社のインプラントでやりたい。手術代もコミコミで80万円弱です」

 このクリニックのHPには、「インプラント本体は約21万円、アバットメント(※インプラントと上部構造〈義歯〉のつなぎ目の支台)約5万円、上部構造(義歯)約8万円、合計約34万円」という価格が掲載されている。

 2つ合わせても70万のはずだと指摘すると、「抜歯の費用が約7万円です。静脈麻酔をやるので、保険の抜歯ではダメなんですよ」と告げられた。

 約34万円は、義歯が銀歯(金銀パラジウム合金)の価格で、セラミックタイプだと合計約39万円になる。

 格安を売りにしたこのようなクリニックに勤務した経験を持つ歯科医らの情報によると、S社製のインプラント本体の仕入れ値は別表の通りで計約11万円。つまり一本手術すると、約28万円の利益が出る計算だ。

 格安インプラントクリニックの特徴は、莫大な広告宣伝費をかけて患者を集める点である。月間1000万~2000万円以上を広告宣伝費にかけて患者の争奪戦となっているのだ。宣伝費のもとを取るには、インプラント手術の「薄利多売」状態になり、必然的に治療の質よりも量(手術件数)が優先される。

 当然、トラブルにつながりやすくなる。インプラント治療で起きたトラブルについては、これまで本誌で詳述してきた。

 問題が深刻化しているにもかかわらず、インプラントは自費診療であるとして、厚労省の対応は極めて消極的なままだ。筆者は格安インプラントクリニックの歯科医に、手術を受けたら、どれくらいもつのか、聞いてみた。

「10年生存率がS社だと99(%)超えます、余裕で。絶対ってことないですけど、おそらく一生大丈夫です」

 抜歯とインプラント治療だけを勧めた2人の歯科医は一度も奥歯2本に触らなかった。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
親知らず抜歯やインプラント治療の神経損傷 早期治療が必要
儲けの多いインプラント実施の歯科医 6割でトラブル発生
インプラントが副鼻腔突き抜けた患者に歯科医「よくある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP