ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25年ぶりに芸能活動復帰 小林麻美「最初で最後」伝説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もう二度とこんなふうにカメラの前に立つことはないと思っていた」──『クウネル』(マガジンハウス刊)9月号から新連載「伝説のおしゃれミューズ」をスタートさせた小林麻美(62才)は、そんな思いを口にしているという。

 25年ぶりに私たちの目の前に現れた彼女は、167cmという長身に華奢なスタイル、そして柔らかいウエーブのかかった黒髪。あの頃の面影を残しながらも、確かな時間を重ねてきたからであろう、いっそう上品なカッコ良さをまとっていた。

 小林麻美は1970年、文化学院在学中に『ライオン』のCMで芸能界デビュー。その後、モデル、女優、エッセイスト、歌手、詩人、写真家などと、なんでもこなす多才の人だった。当時の彼女を知るスポーツ紙記者が振りかえる。

「きらびやかではないけれど、いつもどこかでキラめいていたという印象の、特別な存在感でしたね。大原麗子が“少し愛して、なが~く愛して”で男性たちのイイ女の代名詞だったのが1970年代後半から1980年代にかけて。その大原さんに代わって新たなイイ女の代名詞になっていったのが小林さんでした」

 ワイドショー関係者が言う。

「1980年代は、“ファッショナブル”という言葉を聞いて10人に8人が小林さんを頭に思い描いていたと思います。それでいて、神経性胃潰瘍で休養したりする時期もあるんですが、華奢なスタイルもあって、思わず支えたくなるような、どこか寂しげで儚げな繊細な雰囲気がありました。私の周りの男たちは、“小林麻美っていいよな”って話題をよくしてましたね」

 1984年に小林の旧友、松任谷由実(62才)が日本語歌詞をつけたカバー曲『雨音はショパンの調べ』が大ヒット。さらにアルバム『CRYPTOGRAPH~愛の暗号』で第26回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。そして1988年、最初で最後の日本武道館コンサートを開催し伝説となった。

 絶大な支持を集めながらも、恋愛スキャンダルを報じられることがなかった小林。デビュー以来、浮いた話がとんと聞こえてこなかった彼女が、会見で恋愛を語ったのは「1991年3月15日」。これも最初で最後、の伝説となった。

 その会見は、入籍の翌日に開かれた。お相手は、当時小林が所属していた大手芸能プロダクション社長だった。前出のワイドショー関係者が言う。

「日本中が驚いたと思いますよ。交際は17年にもおよび、すでに入籍済み。しかも会見の2か月前に長男を出産していたことも明かしたからです。もともと細かったこともありますが、それにしても月日、仕事をセーブしながら誰にも気づかれずに出産したわけですから、もうみんなびっくりだった。あんな会見は、あとにも先にもないんじゃないですかね」

 横綱・千代の富士(61才)が引退し、SMAPがCDデビューを果たした1991年。宮沢りえ(43才)の写真集『Santa Fe』がベストセラーとなり、“バツイチ”が流行語となるなか、小林は芸能界から姿を消した。

《私、10代から、いつも20年先にこうなりたいと考えてきたのね。だから、今、40歳も含めて、50歳になったときどんな女でいるか興味深いですね。“いいオバサン”にはなりたくない。やっぱり“女”。“女”でいたいな》(『anan』1985年5月24日号)

 かつてそう語っていた小林。今『クウネル』で見せた姿は、50才どころか、60代を迎えてなお「女」に他ならなかった。

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
紅白落選小林幸子 チケットは売れず、営業ギャラも下落予想
紅白出場危機の小林幸子の衣装「メガツリー」構想があった
あびる優 小林可夢偉入賞で“恋人の運気下げる”との噂払拭

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP