ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秘伝のレシピは「スイスの金庫」で厳重に保管!?LA発ホームメイドパイ専門店が10月日本上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie Hole Los Angeles」。2014年にはタレントのローラがInstagramにここのパイをアップして、話題となったことも。

それがついに今年10月、満を持して日本に初上陸!

アットホームな雰囲気と
オーガニックコーヒーが自慢

今回、新宿ルミネに出店する日本1号店では、本場アメリカで馴染みの深いパイの奥深さを知ってもらおうと、朝食、ランチ、ディナーとすべてのシチュエーションで満足できるパイが勢ぞろい。

とことん甘い(Sweet)タイプだけでなく、「シェパードパイ」や「ベジタブルカレー」など、スイーツ感覚だけじゃない、おかずになるミールパイ(Savory)にもチャレンジできる。もちろん、一度に両方いくのも手だ。

@eileenahnが投稿した写真 – 2016 6月 25 6:52午後 PDT

The Pie Hole Los Angelesさん(@thepieholela)が投稿した写真 – 2016 5月 27 2:44午後 PDT

The Pie Hole Los Angelesさん(@thepieholela)が投稿した写真 – 2016 7月 10 12:23午後 PDT

James Gomezさん(@gomezjames)が投稿した写真 – 2016 7月 18 7:58午後 PDT

kittunさん(@kittun)が投稿した写真 – 2016 7月 8 4:03午後 PDT

@consumerprincessが投稿した写真 – 2016 6月 27 5:09午後 PDT

Abel Jesseさん(@inksmith3)が投稿した写真 – 2016 6月 14 3:08午後 PDT

自慢のパイと合わせるコーヒーは、添加剤や除草剤といった有害物質は一切使用していないオーガニック豆をロースト。ドリップコーヒーメイカー、フレンチプレス、またはハンドドリップで提供するなど、こだわりはパイだけでなくそのままコーヒーにも表れている。もちろん、話題のコールドブリューも。

パイと一緒にドリップしたてのコーヒーを楽しむ。そんなアメリカンスタイルを体現している動画がこちら。イメージを膨らませるには十分すぎる、こちらも“おいしい”出来栄えだ。

門外不出、5世代続く
誰にも再現できない母の味

The Pie Hole Los Angelesさん(@thepieholela)が投稿した写真 – 2016 5月 8 12:09午後 PDT

ところで、創業者Matt Heffnerさん(写真右)の母Beckeyさん秘伝のレシピをもとに作られるトラディショナルなアメリカンスタイルのパイは、おばあちゃん(写真左)の代からさらにさらに遡って、Heffner家に5世代前から伝わる母の味だそう。

なんでも、これまでニュージャージー州の品評会の場において、じつに7度も優勝をはたしたらしく、LA自慢のパイだと「LA Downtowner」は高評価。この門外不出の味を守るべく、秘伝のレシピブックはスイスの貸金庫で厳重に保管されているというんだから。ここでしか味わえない二つとない味に、いやがうえにも期待度が増してしまう。

Lisa Kunizaki Choliyさん(@lisamariecholiy)が投稿した写真 – 2016 7月 13 11:42午後 PDT

中でも人気なのが「Earl Grey Tea」、サクサク生地の上に香りのいい紅茶クリームと生クリームを二層にした逸品。もうひとつは、程よい甘さの「Maple Custard」。

少なくとも250年以上、もしかしたらそれ以上の歴史を刻むHeffner家のパイ。オールド・クラシックな家庭の味が待ち遠しい!

Reference:eileenahn,thepieholela,gomezjames,kittun,consumerprincess,inksmith3,lisamariecholiy,LA Downtowner
Licensed material used with permission by a_00_i

関連記事リンク(外部サイト)

PARISサン・ルイ島生まれの「ブーケみたいなジェラート」が世界を席巻しはじめた!
白玉で作れる「もちもち、とろ〜り」なチョコ餅がクセになる!
海外で2,500万個売れた水風船「バンチオバルーン」実は日本でも購入できる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP