ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰も知らない函館の裏観光スポット「イカの移動販売」に出会えたら幸運 / 獲れたてイカをその場で食べる感動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

川村鮮魚のイカ1キロ
時価 / 取材時は1500円

グルメの宝庫といえば北海道ですよね。いまや海外からも北海道のグルメを求めて多くの観光客が訪れます。北海道は広大な大地ですが、どこに行っても「ご飯が美味しい」という究極のグルメ大国。特に函館は魚介類が極めて美味しいことでも有名です。

・路上で移動販売
函館に旅行したことがある人は多いと思いますが、知る人ぞ知る、グルメの裏観光スポットが存在するのをご存知ですか? そのスポットは川村鮮魚による「イカの移動販売」です。早朝、函館市水産物地方卸売市場で5時30分から開始されるセリで卸したイカ(烏賊)をトラックに乗せ、5時45~6時ごろにかけて、路上で移動販売するのです。

・セブンイレブン函館湯浜店の前
トラックは「いがぁぁぁぁぁ! いがぁぁぁぁぁぁ! いがいがっ!」と叫びながら国道278号線(漁火通り)を走り、セブンイレブン函館湯浜店の前の路上に停車し、イカを1キロ単位で販売します。

・観光客はほとんどきません
イカの質や水揚げ量によって価格は変動し、記者が購入した際は1キロ1500円でした。場合によっては2000円以上になる事もありますが、逆に1500円を大幅に下回る価格の時もあります。ちなみに価格は妥当な値で、観光客相手のボッタクリ価格は存在しません(そもそも一部の市民が買うものなので観光客はほとんどきません)。

・船から揚げられて30分しか経ってない
おそらく、川村鮮魚のイカほど「一般消費者の手に渡る新鮮なイカ」は存在しないでしょう。なぜなら、早朝5時15分ごろに港に揚げられ、5時30分からセリ、5時45分にはイカの移動販売をしているからです。醤油と箸と皿を持ってイカの移動販売を待ち伏せしていれば、船から揚げられて30分しか経ってないイカを食べることができます。

・鮮度の点では黒いほうが上
イカの鮮度は色で分かります。黒くて透明度が高いほど新鮮。白くなると鮮度が落ちている証拠です(腐っているわけではないですよ)。東京では、白いイカのほうが多いのではないでしょうか。それはそれで美味しいのですが、鮮度の点では黒いほうが上です。

・船から揚げられたばかりのイカ
イカは生きているから美味しいわけではありません。イケスで飼われているイカと、船から揚げられたばかりのイカ、どちらが美味しいか想像できますよね。

・試しにお願いしてみるのはアリ
今回、限りなく新鮮なイカを食べたかったので、今回は特別に川村鮮魚のおばちゃんにイカ刺しにしてもらいました(あくまで今回は特別にしてもらったので無理強いしないように)。本来ならばイカをさばくことはしていないそうですが、試しにお願いしてみるのはアリでしょう。

・ホテルの部屋でイカ刺しにして食べる
イカは1キロ単位で販売していますが、観光客が1キロ買っても食べきれないでしょう。記者は1匹だけおばちゃんにイカ刺しにしてもらい、あとはホテルのスタッフに差し入れしました。場合によっては、ホテルの厨房でさばいてくれることも可能なのではないでしょうか。いちばん良いのは、すぐに持ち帰ってホテルの部屋でイカ刺しにして食べるパターンでしょう。

・現在は川村鮮魚のみ
かつてはイカの移動販売をしている鮮魚店が複数あったそうですが、現在は川村鮮魚のみ。これからも、地域住民に愛されるこの伝統を守り続けてほしいものですね。

もっと詳しく読む: 誰も知らない函館の裏観光スポット・イカの移動販売(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2016/07/20/hakodate-ika/

川村鮮魚のイカの移動販売
住所: セブンイレブン函館湯浜店の前の路上(北海道函館市湯浜町9-28)
時間: 早朝5:45~6:15あたり
休日: 不定休

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP