体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分だけ大変」を防ぐ!パパママの精神的疲労を軽くする、ポジティブな”ワンオペ”のススメ

「自分だけ大変」を防ぐ!パパママの精神的疲労を軽くする、ポジティブな”ワンオペ”のススメ f:id:akasuguedi:20160719104537j:plain f:id:akasuguedi:20160718161105p:plain

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソードはこちら:まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと

みなさんはワンオペという言葉をご存知でしょうか。レストランの営業を一人で回すというワンオペレーションの略からきています。

この言葉、「一人で仕事をさせるなんて、大変すぎる!」と悪い意味で使われていることが多いですが、我が家ではポジティブに使用しています。

「今日はこの時間をワンオペで乗り切るね!」みたいな感じで。

片時も目を離せないのが辛い……

育児が何がしんどいと聞けば、いろいろありますよね。ただ、何よりも辛いのは片時も目を離せないというのがあると思います。

乳児であれば、お腹が空いてないか、おしっこやうんちはしてないか、変な格好で寝てないかを気にして、泣いたら泣いたで抱っこする。

1~2歳ぐらいになったら、コンセントに指を突っ込んでいるんじゃないか、親のものをグチャグチャにしてないか、他の子と喧嘩してないかというのをウォッチすることになる。

子どもが大きくなれば多少は安心して目を離すことができるかと思えば、親の目の届かないところにあっという間に移動できるようになって、「おーい、どこにいったのー」と探すことになり、なかなか油断できない。

こうやって、子どもがいくつになっても、子どもを頭の片隅、目の片隅に入れておくことになります。これを続けているのがものすごく疲れる。

二人で見ていたら楽になれるのか?

じゃあ、見る人間の数が増えれば楽に慣れるのかといえば、我が家ではそんなことはありませんでした。

夫婦ともに結局子どもを見ちゃうんですよね。だからといって、パートナーが見ていると思っていたら、実は見ていないことがあったりして、そういうのがあると、「自分が見ないといけない!」と気を張っちゃう。

自分が子どもを見ている時に、たまたまパートナーがスマホを見ていたりするとムカっとしたり。別にお互いがそんなに気を張る必要はないけど、私は見ているのにあの人は見ていないと不公平感を感じちゃうこともある。

子どもと遊ぶという肉体労働は二人で子どもを見ていたほうがもちろん楽です。

だけど、子どもを見続けることの精神的な疲労感は二人で見てもあまり変わらない。これが育児で一番キツいのではないかと夫婦の中で自然と思うようになりました。

そういうわけでワンオペで回しています

そんなこんなで、我が家はワンオペで育児を回すようにしました。

うちは子どもが複数人いるんですけど、どちらかが子どもたちを見ていたら、どちらかは自由時間ということにしています。

例えば、日々の育児だと、夕飯の支度とご飯を食べるのを助けるのは妻、お風呂と歯磨きと絵本を読むのは夫みたいな感じで、はっきり分けます。子どもたちの歯磨きの仕上げ磨きは一人ずつ順番にやっていきます。

子どもを公園に連れて行くのも、児童館に行くのも、これもどちらか一人でやります。

すでにプール開きとなっていますが、これも夫婦どちらかが子どもたちを連れて行きます。プールは肉体的にはかなりードですけどね。それでも、一人です。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会