ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒマワリに星が降り注ぐ!日本人写真家による「星空アート」がロマンチック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!

こんな作品、見たことない。

実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名前で活動中の内田大成さん。風景写真のリアリティーと、星空写真のファンタジーさが不思議な魅力を醸し出しています。

今年5月には、自身初となる念願の個展を開催。会場は東京でしたが、大阪や宮城、徳島など遠方から足を運んだ人もいるほど大盛況だったようです。

「星を見ていると宇宙を旅している気分になる」

星空の撮影時はいつも、こんな思いを抱いているのだそう。

自身が選ぶ、
昨年の「ベスト4」がこちら!

#2015年自分が選ぶ今年の4枚 #星空アート

撮影技法の習得、初めての天の川撮影など思い出深い1年となりました! pic.twitter.com/sp0xNVDocX

— 星空アート@内田大成 (@U_dainari) 2015年12月28日

これは、昨年末に内田さんがTwitterに投稿したもの。自身の一年を振り返り、ベストな4枚として以下をチョイスしています。ツイートは3,500を超えるリツイートを記録。「鳥肌もの」「何これ!」と驚きの声が数多く寄せられています。


中でも、もっとも反響の大きかった一枚がコチラ。木の写真を撮って空を全て切り抜き、自作の露光間自動ズーム装置で撮影した星を合成。力作です。

どの作品も過去に見たことのない種類のものなので、どんどんスクロールして見てしまいますよね♪彼のTwitterアカウントをフォローしておけば、新たな「星空アート」が見れるかも!

Licensed material used with permission by 内田大成,(Twitter)

関連記事リンク(外部サイト)

水滴の中に閉じ込めた世界は、こんなにも美しかった
スマホで「投げ銭」ができる!路上ライブ感覚で楽しめるアプリが登場
シャッターは押さなくていい。メガネに付けて「ウインク」すると撮影できる便利なアイテム

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP