ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パリでガッツリ系の生肉ハンバーガーを食べるなら「Big Fernand」しかありえない件

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
paris-big-fernand7

フランスでもっとも美味しい生肉ハンバーガーを食べたいなら、ハンバーガー専門店「Big Fernand」(ビッグフェルナンド)しかありえないでしょう。ステーキはレアが好き、ユッケもタルタルステーキも大好き、そんな人は必ず行くべき店と断言します。

・最上級のレア度を誇る「ブルー」
この「Big Fernand」が他のハンバーガーショップと大きく違うのは、素材の質や調理方法だけではありません。ビーフパティ(ハンバーグ)の焼き加減をリクエストできるのです。単なる焼き加減だけなら、他店でも「レアぐらい」ならリクエストできますが、なんとこの店、最上級のレア度を誇る「ブルー」をリクエストできるのです。

paris-big-fernand3 paris-big-fernand4 paris-big-fernand5 paris-big-fernand6

・軽く炙るだけの焼き方
ブルーを簡単に説明するならば、レアよりも火を通さない、軽く炙るだけの焼き方のことを意味する言葉。好きなハンバーガーを注文して、焼き加減を聞かれたら「ブルーでお願いします」と言えば、軽く炙っただけの究極のレアなハンバーガーの出来上がり。

・客が自分で調味料をかけて食べる
もともと厨房と食材の衛生面はしっかりと管理されていますが、ブルーのオーダーでもしっかりと滅菌する調理を施しているようです。実際に食べてみましたが、ハンバーガーの本場アメリカに劣らないグレートな美味しさ! マスタードとケチャップは控えめなので、完成後に客が自分で調味料をかけて食べる形式です。もちろん、そのまま食べても美味しいですよ。

paris-big-fernand1 paris-big-fernand2 paris-big-fernand8 paris-big-fernand7 paris-big-fernand9

・肉汁と肉汁が融合
ブルーに焼かれたパティは豊富な肉汁がどんどん溢れてきて、濃厚な極上大トロを食べているかのような錯覚に陥ります。「加熱されていない肉汁」と、表面の「加熱された肉汁」が融合し、いままでに体験したことのない繊細かつジューシーな旨味が広がります。そこにB級グルメには欠かせないケチャップとマスタードを大量投入。たまりませんね!

・アメリカにも負けないバンズの美味しさ
なにより、フランスのパンはどの国よりもおいしいと言われています。そうです。フランスのハンバーガーこそ、アメリカに負けないバンズの美味しさを誇るのです。もちろん「Big Fernand」のバンズは香ばしさも「小麦の香り」も極上。もしかすると、ハンバーガーを食べるためにフランスに行く時代がくるかもしれませんね。

Big Fernand
住所: 32 rue Saint-Sauveur
時間: 12:00~14:30 19:00~22:30
休日: 不定休

もっと詳しく読む: パリでガッツリ系の生肉ハンバーガーを食べるならBig Fernand(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/20/paris-big-fernand/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。