ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゴーストバスターズ」特殊メイク担当者の前職は○○

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの平日21時50分からの番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。今週は、映画「ゴーストバスターズ」のマシュマロマンから、「殿、利息でござる!」のかつらまで幅広く手がけている特殊メイクアップアーティスト、江川悦子さんお迎えしてお送りしています。

今や、国内外で活躍している江川さんは、どんな子ども時代を過ごしていたのでしょう。聞くところによると、大人しい性格でファッションカメラマンとして世界を回れたら、と漠然と思っていたものの、特殊メイクアップアーティストを目指していた訳ではなかったそうです。

所属した卓球部の練習が退屈で、その隣で練習していた体操部と一緒にマット運動などをしていたところ、このことがきっかけで思わぬことが起こります。

「体が柔らかいと言われて、体操部にスカウトされたんです。そのまま入部して猛特訓して、夏の大会に出るようになりました。技術を身につけると楽しくなって、夏休みは母親が心配するほど一日中、練習に明け暮れていました」

さらに高校卒業後の進路について、両親からは教師になるよう勧められますが、江川さんはその意に反して、別の学校に進学。その頃は、将来の仕事についてどう思っていたかというと…。

「雑誌の編集部に行きたいと思っていました。その願いは叶い、『装苑』編集部に入りました」

特殊メイクアップアーティストの道から逸れている気がしますが、実はこの後、大きな転機が訪れます。果たして、どんなことがきっかけとなったのでしょう? 江川さんのお話は7月22日(金)まで続きます。オンエアは21時50分からです。お聴き逃しなく♪

【関連サイト】
「School TV DREAM TRAIN」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP