ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】コンパクトで持ち運びやすい!スマホVRHMD「VR mini」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手持ちのスマートフォンで手軽にVR体験を楽しめるモバイルVR。しかし、Amazonで検索をかけるとあまりにも多くの種類のモバイルVR用デバイスが見られ、どれを買ったらいいか分からないと思います。

参考までにMogura VR編集部では全てのデバイスを実際に検証し、一つ一つレビューしていきます。

第10回は「VR mini」。Amazonでは「最新3D VR ゴーグル メガネ 3D動画体験 6インチ以下のタイプ 携帯 汎用 ホワイト ミニ型」という名前で売られています。

なお、ヘッドバンドは付属しますが、自分で取り付ける必要があります。取り付けると、手で支える必要のないヘッドマウントディスプレイ(HMD)になります。

今回のレビューでは、スマートフォンは「Xperia Z5 Premium」、イヤホンはソニーの「MDR-NWNC33」を使用しました。また、執筆者の視力は0.01の近視です。

VR miniの特徴

とても本体が小さいです。

下がハコスコ2眼、上がVR miniですが、名前通り、コンパクトな製品です。

IPD(瞳孔間距離)の調整、ピントの調整がともに可能です。どちらも、コンパクトな製品にするためには仕方がなかったのか、独特な方法で調整を行います。

まずピントですが、ボタンを押すことでレンズの距離が伸縮し、それによって調整を行います。

左右についているボタンを押すと、

ぐいっとスマートフォン装着部が前に押し出されます。

IPD(瞳孔間距離)の調整では、多くのVRHMDではレンズを動かすダイヤルなどがHMD上部にありますが、この製品は顔の当たる部分に手を入れ、レンズを直接動かすことでIPDの調整を行うことができます。

コンテンツを覗いては微調整し、また覗いては微調整をする、といった手間がかかるかもしれません。

頭にかけるベルトは頭を横に一周するベルトと、頭の頂点を半周するベルトの二本で構成されており、Gear VRと同じ構造です。しかし、実際にHMDの固定の際に強く引き締めるのは頭を横に一周するベルトだけだったので、もう一本のベルトはおまけ程度に考えています。

また、メガネは入りません

メガネが入らなくても、視力0.01ならぎりぎりはっきりと見えたので、乱視などでメガネをかけなくてはいけない人以外はメガネをかけなくても楽しめると思います。

VR miniの優れている点

視野角は広く、左右に少しだけ黒い線が1本見える程度でした。没入感の妨げにはならず、かなり没入できるレベルです。

ただし、気をつけていただきたいのはスマホの位置。スマートフォンが正しく中央に設置された時のことなので、ちょこっと視野の端が気になる場合は、スマートフォンの位置を調整するのがよいと思います。

光の漏れですが、顔と密着するスポンジ部分が、鼻とも密着するので、全く光が漏れてきません

VR miniの悪い点

ヘッドバンドが自分でつけるタイプであることも関係するのかもしれませんが、頭に固定しづらくなっています。

筆者は結局、横に一周するバンドだけを強くしめることでなんとか固定させることに成功しました。それでも、スマートフォンの重みに負けてVRHMDが傾くことがあるので、手で支えることも少しありました。

VR miniの総評

コンパクトな割に広い視野角を持つ、優れたスマホHMDだと思います。頭への固定とIPDの調整には一癖ある製品ですが、よいVR体験をさせてくれるVRHMDですので、オススメです。

デバイス名:VR mini
メーカー:shenzhen juzhongchuang Technology.Co.,Ltd
価格:2399円(7/20現在)
視野角:96°
IPD調整:可
眼鏡の使用:不可
対応スマホ:4.7-6インチのスマートフォン
良い点:コンパクトな本体、十分没入できる視野角
悪い点:ヘッドバンドの固定に難がある

Amazonリンク

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP