ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

休業中のエド・シーラン、フェス飛び入り参加で9か月ぶりのステージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

休業中のエド・シーラン、フェス飛び入り参加で9か月ぶりのステージ

 ノンストップでツアーとレコーディングを続けてきて、現在は世界旅行をして骨休め中のエド・シーラン(25)だが、7月17日、英サフォーク州で開催された【Latitude Festival】に友人のシンガーソングライター、フォイ・バンスが出演した際に、飛び入り参加して久しぶりにステージにあがったようだ。

 シーランのレーベル、ジンジャーブレッド・マン・レコードに所属するバンスは、同フェスの“BBC 6 Music Stage”でパフォーマンスを披露。9か月ぶりのステージとなったシーランは少しの間、バンスとのジャムを楽しんだ。

 シーランはステージに上がり、自身のコンサートでも時々披露しているフォイ・バンスの2013年のシングル「Guiding Light」を共演した。その時の様子は【Latitude Festival】の公式ツイッターにて、ショート映像ながら確認できる。

◎Latitude Festival ツイッター・アカウント
https://twitter.com/LatitudeFest/status/754715925023223809

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン、アルバム『x』が全米で200万枚セールス突破
【第58回グラミー賞】年間最優秀楽曲はエド・シーランが受賞
エド・シーランがソーシャルメディア休止宣言……画面ではなく自分の目で世界を

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。