ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

箸は必要ありません、このままで結構です。

本当におかまいなく!

私、美唄市出身なので、袋のままいかせていただきます。

ご紹介する「角屋のやきそば」はちょっと変わっています。

袋に入って販売されているだけでも珍しいのに、

美唄市民は袋のままかぶりつくのが一般的なのです!

こんな焼きそばなかなかないでしょ?

今回はご当地グルメ、袋入りの焼きそばを味わいます。

美唄市出身のメシ通レポーター、裸電球です。

生まれ育った街ですから、当たり前だと思っていたのですが、

他の出身地の人からは驚かれますね。

美唄市には 袋から「直」で食べる焼きそばがあります。

老若男女「直」でかぶりつくのです。

お行儀が悪い?

いえいえ、これが美唄スタイルですから!

アンテナショップへ!

焼きそばが売っているのはここ。

美唄市の名産品を集めたアンテナショップ「PiPa」です。

焼きそばと言えば、

皿に盛られて、もちろん箸で食べるのが一般的かと思います。

それはもう、美唄市民だって否定はしないですよ。

しかしですね。

この焼きそばを渡されちゃうとダメなんです。

見てください、この光景を。

袋に入った焼きそばが並ぶなんて珍しいですよね。

アンテナショップ以外に、

市内のスーパーなどでもこんな感じで販売されています。

懐かしい!

これをよく、おやつ代わりに食べたんですよ。

早速購入しました

それでは、改めて見てみましょう。

こちらが「角屋のやきそば (108円)」です。

なぜ袋に入っているか気になりますよね?

私、地元なのでその理由も知ってますよ。

美唄市は昔、炭鉱で栄えたんです。

この焼きそばは、炭坑で働く人たちが、手の汚れを気にせずに、

サッと空腹を満たせるようにと開発されたのです。

炭坑の閉山とともに、この焼きそばも姿を消したのですが、

あの味をもう一度という声が多く寄せられ、復刻版として戻ってきました。

そして、この商品。

面白いのは、「やきそば」なのに焼いていないのです。

ほら、袋をご覧ください!

しっかりと「ゆで」って書いてあるでしょ?

この「ゆで」が絶妙の食感を生むんですよ。

そしてあるとないでは大違い。

大きなサイズの紅ショウガがついてきます。

角屋のやきそばは機械に頼らず、

全て人の手で作られています。

機械を入れると大量生産できるのですが、

美唄市の雇用を考えて、今でも手作業なんですって。

それってスバラシイ!

「角屋のやきそば」をどのように食べるか実験

美唄市民はこれを「直」で食べますが、

他の地域で生まれ育った人に、

何も知らさずにこれを渡してみましょう。

どのように食べるか実験です!

せっかくですから 箸も添えましょう。

さあ、召し上がれ!

いきなり渡されて戸惑っています。

私の事務所が入っている建物で飲食店を営む大西さんです。

大西さんの出身は北海道中川郡。

美唄市からはすごく離れています。

料理人ですので、

色々な食べ物には詳しいのですが、袋入りの焼きそばは初めてだそうです。

お、うれしそうに食べ始めましたよ!

はい、ダメー!

え?

何がダメ?

美味しいよ?

なんでダメ?

いきなりダメ出しされて、戸惑う大西さんです。

箸使っちゃうんだもんな~。

そう。

実はこの焼きそば、

オフィシャルには、

「フライパンでいためて」と明記されているのです!

しかし、衝撃ですよ。

私の知る限り、美唄市民の大半は、

このオススメを無視!

炒めずに、直です。

だって、十分に美味しいんですもん。

次に、知らない大西さんは自信満々で厨房へ!

ふふふ。

そりゃそうですよね、書いてあるんですから。

実は美唄出身の私も

炒めて食べたことがありません!

うわ!

知ってるやつじゃない!

めちゃくちゃ美味しそうじゃないですか。

ゆで焼きそばを炒めたことで、正真正銘の「焼きそば」になりました。

はい、ちがーう!

もう何が正解かわからず、

無垢な瞳で見つめてくる大西さんです。

いや、それは正解なんですよ。

オフィシャルにもしっかり書いていますし。

一口もらいましたが、

グーンと美味しくなっていますし。

でも……美唄市民は「直」じゃないとダメなんです!

「角屋のやきそば」食べ方講座

では、お手本を見せましょうか。

美唄市出身者による、「角屋のやきそば」食べ方講座 です。

躊躇せず、ガッと食らいつきます。

こうです。

人目など気にせず。

ガッとです、ガッと!

そこからビローンです。

麺は驚くほど簡単にほぐれます。

あとは、袋から口へ。

モフモフとすすりましょう。

おわかりいただけましたでしょうか。

これが美唄スタイル。

毎日を忙しく働くビジネスパーソンにもオススメです。

都会のど真ん中で、袋から焼きそばをすするなんていかがでしょう。

いつでもどこでも焼きそばを!

これが本来あるべき焼きそばの姿に見えてきませんか?

ということで美唄市のご当地メニュー、

「角屋のやきそば」をご紹介しました。

皆さんも是非、

家族や友達と、袋のまま食べてみてはいかがでしょうか。

そして、この商品。

通販で買うことができます!

全国どこでも、袋から「直」でいっちゃってください。

ちなみに今回頑張ってくれた大西さんには、

ダメ出しのみで、正解を教えませんでした。

いまだに模索していることでしょう。ふふふ……。

お店情報

角屋のやきそば(アンテナショップ PiPaで購入可能)

住所:北海道美唄市進徳町1区

電話番号:0126-62-4343

営業時間:10:00〜18:00

定休日:年末年始

ウェブサイト:http://角屋.com/

書いた人:裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

松尾ジンギスカンの本店が登場! 今年で創業60年 発祥の地をレポート!
観光名所「青い池」はキレイだけども! らーめん八海が青いカレーを作ってしまった!
匂いはプンプンするのにここでは食べられない!? きのこをたっぷり使った本格カレー!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。