体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】

俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】 f:id:mesitsu_lc:20160527173623j:plain

箸は必要ありません、このままで結構です。

本当におかまいなく!

私、美唄市出身なので、袋のままいかせていただきます。

ご紹介する「角屋のやきそば」はちょっと変わっています。

袋に入って販売されているだけでも珍しいのに、

美唄市民は袋のままかぶりつくのが一般的なのです!

こんな焼きそばなかなかないでしょ?

今回はご当地グルメ、袋入りの焼きそばを味わいます。

f:id:mesitsu_lc:20160527173631j:plain

美唄市出身のメシ通レポーター、裸電球です。

生まれ育った街ですから、当たり前だと思っていたのですが、

他の出身地の人からは驚かれますね。

美唄市には 袋から「直」で食べる焼きそばがあります。

老若男女「直」でかぶりつくのです。

お行儀が悪い?

いえいえ、これが美唄スタイルですから!

アンテナショップへ!

f:id:mesitsu_lc:20160527173622j:plain

焼きそばが売っているのはここ。

美唄市の名産品を集めたアンテナショップ「PiPa」です。

焼きそばと言えば、

皿に盛られて、もちろん箸で食べるのが一般的かと思います。

それはもう、美唄市民だって否定はしないですよ。

しかしですね。

この焼きそばを渡されちゃうとダメなんです。

f:id:mesitsu_lc:20160527173619j:plain

見てください、この光景を。

袋に入った焼きそばが並ぶなんて珍しいですよね。

アンテナショップ以外に、

市内のスーパーなどでもこんな感じで販売されています。

懐かしい!

これをよく、おやつ代わりに食べたんですよ。

早速購入しました

f:id:mesitsu_lc:20160527173623j:plain

それでは、改めて見てみましょう。

こちらが「角屋のやきそば (108円)」です。

なぜ袋に入っているか気になりますよね?

私、地元なのでその理由も知ってますよ。

f:id:mesitsu_lc:20160527173626j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。