ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かりゆし58の名曲「アンマー」から着想を得た、有川浩による長編小説『アンマーとぼくら』発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年2月22日デビュー10周年を迎えたかりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た、書下し感動長編小説『アンマーとぼくら』がこの夏、全国発売となる。

そして、その著者は「図書館戦争」「植物図鑑」など数多くのヒット作を生み出している有川浩。「アンマー」は、2006年7月にリリースされた彼ら初のシングルとなる。アンマーとは、沖縄の言葉で”お母さん”の意味。この楽曲はある状況からこの世に生まれたのだった。同年2月にリリースしたデビュー作が記録的に全く売れず、次の作品が最後になってしまうかもという状況に。ボーカル前川真悟は、最後になるんだったらと、迷惑をかけ続け親孝行何一つできていない母親にお詫びと感謝の気持ちを込めてこの楽曲を生み出す。

リリース後、地元沖縄のラジオ局でオンエアされると一気に沖縄全土に広がっていき、地元レコードショップでは錚々たるメジャーアーティストを抑えてシングル総合チャート4週連続1位を獲得。そして、フジテレビ「めざましテレビ」にて特集がオンエアされると全国区で認知されていく。同年末に「第39回日本有線 大賞」にて有線大賞新人賞を受賞し、TBS「NEWS23」の年末特番にて生演奏するやいなや、番組に全国から問合せが多数殺到するなど大きな反響を得る。後に、前川は「この曲によってバンドの首の皮一枚繋がった」と後に語っている。

現在ではYouTubeにて2000万回以上の再生回数を記録、結婚式など人生の節目での演奏など、多くの方々の人生に寄り添い愛される楽曲になっている。発売からちょうど10年後の今年、そんな多くの人との出会いと、そこから生まれた様々なストーリー、そして、有川浩氏との奇跡的な出会いがあり、この『アンマーとぼくら』が誕生した。

なお、デビュー10周年記念ライブDVD「かりゆしテレビ その7」のリリースも決定しており、このほど、そのDVDジャケットも公開となった。かりゆしとしては初の試みであるスマプラも対応ということで、DVD購入者はスマートフォンでも手軽にライブ映像を鑑賞出来る仕様となっている。

小説『アンマーとぼくら』発売を記念して、かりゆし58アルバムとの同時購入キャンペーンの開催も決定。題して、「本とCDと沖縄とぼくら〜本を読んで、CDを聴いて、沖縄へ行こう!〜」。また、小説の初版分限定で今年5月8日(母の日)に行われた10周年記念ツアーファイナル公演の「アンマー」ライブ映像が試聴できるQRコードが封入されている。今後のかりゆし58だが、「めざましライブ」「WILD BUNCH FEST. 2016」「MONSTER baSH 」など多数の夏フェスイベントへの出演も決定している。

有川浩コメント
真悟さんの歌声からは、物語が感じられます。その心地よい歌声に乗って快調に書き進め、物語が完成しました。現時点での最高傑作です。10周年、おめでとうございます。

前川真悟コメント
「女性」と「母性」、彼女たちの愛情には二つ分の深さがある。二乗分の美しさがある。

商品情報

小説『アンマーとぼくら』
有川浩 著
2016年7月19日(火)発売
講談社刊
特設HP:http://news.kodansha.co.jp/20160714_b01

イベント情報
「お台場みんなの夢大陸 2016 めざましライブ」
2016年7月31日(日)
開場/開演:16:00/17:00
会場:夢大陸・みんなのオマツリランド内 特設スタジアム
チケット:優先観覧券付1DAYパスポート
大人2, 000円 子供1, 300円 ※整理番号順入場

リリース情報

LIVE DVD「かりゆしテレビ その7」
ハイサイロード2006-2016〜オワリ×はじまり〜 追加公演 日比谷大音楽堂
2016年8月24日(水)発売
LDBD-50005 3,900円(税別)

関連リンク

■かりゆし58 オフィシャルサイトhttp://kariyushi58.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP