ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関西男 ジーンズ裾上げし「切った布分値引きやろ」とゴネる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 できるだけ安く買い物したいと思うのが人の常だが、なんでもかんでも「値切り」すればいいというものではない。神奈川県に住む保育士の女性Iさん(31才)は、結婚9年目。関西出身の夫の「値切り」に困っているという。

 * * *
 関西出身の夫は、「値切らずにものを買うことに罪悪感がある」んだそう。野菜を買ったら傷をくまなく探して「10円まけてや」。

 絶対にまけるはずのないチェーンの居酒屋やファストフードでも、「細かいお金、まけられへんのか。ホンマに5円の金も値引きできへんのか」としつこいのなんの。

 そんな夫に心の底から嫌気がさしたのが、先日、夫のジーンズを買いに行ったときのこと。脚が短い夫は30cmのすそ上げをすることに。すかさず「タダか?」と店員さんに聞くのよ。「ハイ、無料です」とにっこりされたら、普通はそこで話は終わりでしょ?

 なのに夫は、「おかしいやん。オレは30cmの布をいらん言うてんやで。その分、値引きやろ」って何度も。

 さすがに店員さんも、黙っちゃった。恥ずかしいったらないから、私は店、出ちゃった。値切るときだけ関西弁になるっていうのも、ほんと、いやらしい!

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
売れる食パンの厚さ 関東は6枚切り、関西は5枚切りが圧勝
スマホ依存46才男「家でのゲームは1時間」ルール作られる
なぜか酔うと関西弁になる上司 「東北出身女性がええで」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP