体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ベンチャーキャピタリスト』ってどんな仕事?【気になるカタカナ系職業を突撃取材!】

みなさんこんにちは、スタディーサプリ放課後版の大学生ライターの稲毛です!

カタカナ系職業、なんだか格好良くて憧れるけど全く身近でない職業…。ありますよね。ぶっちゃけ僕たち大学生も実は…よく分かっていません。

第1回目は、ベールに包まれた謎すぎる職業の最高峰「ベンチャーキャピタリスト」木下慶彦さんに突撃インタビューさせて頂きました!

プロフィール

木下慶彦さん:1985年生まれ。早稲田大学理工学部卒。26歳のときに、Skyland Venturesを設立。月間500人の起業家の卵である大学生~若手社会人をイベントに集めて、その中から設立間もないベンチャーへの投資を行っている。

尊敬する人:イチロー

好きな映画:ベイマックス

Twitter:マックス木下 @kinoshitay

活動拠点:渋谷

—木下さんよろしくお願いします!

よろしくお願いします。

—まずはじめに、ベンチャーキャピタリスト(ベンチャー投資家)というお仕事について教えてもらえますか?

うーん、いきなり難しい質問ですね。笑

—職業辞典にも載っていないし。大人も実は、9割くらいちゃんとわかってないと思います。笑

ちょっと待ってください、考えます!

…沈黙…(すごく悩んでいる様子。)

なんとなく話すイメージがつかめてきました。

—それでは、『ベンチャーキャピタリストの仕事とは?!』をお願いいたします!

ベンチャーキャピタリストの仕事は「仕事を創る仕事」だと思っています。10代~20代の人達ってやりたいことがたくさんあると思うんですよ。たとえば、野球選手などスポーツ選手。でも中学生、高校生と年齢が上がるにつれスポーツ選手になりたい人がだんだん減ってく。減ってくには理由があるんですよ。それで食べていけるのか。

多くの人はお金(の心配)が理由で、そのことが続かなくなると思います。なにかをはじめるとき、そして続けるときには最低限の金はどうしても必要です。

例えばイチロー選手は高校卒業後にプロ野球界に入ってオリックスの2軍でやっていた時期がある。18歳、19歳のときに1軍に至るスキルは十分でなかったけれど、しかし今のようになっているのは彼は辞めることは考えていなかったからかと。通常、スポーツでもそれ以外でもプロになるにはスキルと、スキルを評価される成果が出るまでの期間を続ける資金が必要になります。そのとき、なかなか評価を受けず、うまくいくと思っていないと続けることができない。

僕は、まだ他の人が見つけていない、結果が出ていない起業家の可能性を評価して、そのベンチャーにお金を預ける(投資する)仕事をしています。 なのでベンチャーキャピタリスト(ベンチャー投資家)と言われます。起業家が会社を創ると、そこに資金が付き、人が集まり、仕事がたくさん産まれていきます。だから、ベンチャーキャピタリストは仕事を創る仕事であると考えています。


—なるほど、これから挑戦したい未来の社長を応援するお仕事なんですね。どのような会社に投資をしているんですか?

これからの未来を創っていくインターネットサービスを創る会社に投資をしています。今もみんなが使っているTwitterやFacebookやGoogleもAppleなどは、最初ベンチャーキャピタルの投資資金があり誕生している。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。