ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【保存版】トヨタのプリウスα買取相場と高く売るコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

トヨタプリウスαとは?

出典:TOYOTA

『トヨタのプリウスα』とは、一言でいえば、現行プリウスのワゴン車版です。荷台スペース、空力性能、7人乗りの3列スタイルの実現など、プリウスに無かった課題を試行錯誤したモデルです。また、忘れてはいけないプリウスシリーズの魅力はハイブリッドシステム。燃費はリッター30km前後という低燃費も人気の秘密です。

そんなトヨタ・プリウスαの大手ショップの買取価格相場とは?査定基準で予め頭に置いておきたい事とは?高価買取してもらう方法とは?買取の流れと必要書類についてなど、『トヨタのプリウスα』を売りたいと思っている方へ、気になる中古買取事情をまとめてみました。

プリウスαの買取価格を5社徹底比較

トヨタ・プリウスαの中で現行人気モデル「S”ツーリングセレクション”」は、メーカー希望価格で、約293万円で販売されています。大手業者の価格を知るには、一括査定が便利です。言ってみれば、ウリドキの車版ポータルサイトという役割です。必要事項を一度入力するだけで何社かまとめて見積もりの連絡がもらえるというものです。では、そんな査定方法があることも頭にとめながら大手5社の買取価格はどのくらいになっているでしょうか?

中古車買取大手5社のプリウスαの買取価格は?

中古車買取ショップ大手5社の買取価格相場をまとめてみましたので、参考にしてみてください。(※2016/7/18時点)

プリウスα G :年式2015年

カラー:グレー
走行距離:0〜1万km
買取価格:2,047,000円

プリウスα S:年式2015年

カラー:ブラウン
走行距離:0〜1万km
買取価格:1,891,000円

プリウスα (ベースグレード):年式2013年

カラー:グレー
走行距離:1〜2万km
買取価格:1,630,000円

プリウスα S チューンブラック:年式2014年

カラー:パープル
走行距離:3〜4万km
買取価格:1,590,000円

プリウスα S ツーリングセレクション:年式2012年

カラー:ホワイトパール
走行距離:1〜2万km
買取価格:1,736,000円

プリウスα S :年式2013年

カラー:ホワイトパール
走行距離:1〜2万km
買取価格:1,525,000円

プリウスα S ツーリングセレクション:年式2011年

カラー:ワイン
走行距離:4〜5万km
買取価格:1,163,000円

プリウスα S Lセレクション:年式2013年

カラー:ホワイトパール
走行距離:1〜2万km
買取価格:1,537,000円

プリウスα S ツーリングセレクション:年式2011年

カラー:ホワイトパール
走行距離:4〜5万km
買取価格:1,359,000円

プリウスα G :年式2012年

カラー:ブラック
走行距離:7〜8万km
買取価格:1,228,000円

プリウスαの査定基準は?

出典:TOYOTA

買取市場に見せるプリウスαの存在とは?

ハイブリッドシステムの人気ぶりも絶好調なプリウスシリーズは、新車は納品までになんと半年以上待ち!そんな中、中古なら新車よりも早く手に入ることもあり、買取市場でも引っ張りだこの車種の一つです。そんな後継ともなるプリウスαも人気を受け、高価買取に大いに期待できるモデルと言えるでしょう。

現行・旧式モデルとの兼ね合いとは?

現行プリウスをはじめ、前モデルも車体の状態によってかなり高めの買取価格が付いている傾向があります。思った以上の高額査定が期待できます。

カラーで買取価格に格差が?

カラーでも査定価格が大きく変わるのが車の査定基準の特徴です。プリウスαの場合、シルバーメタリック・ホワイトパール・ブラックが人気です。人気の色を把握しておけば長い目で見た時の高価買取の賢いコツともなりますので、新車購入のヒントにしてみてください。

走行距離と年式で買取価格が影響?

他の車種もそうですが、買取査定で最も重要な要素は、走行距離と年式です。走行距離の高価買取商品として扱われれるラインが5万kmです。それを超えてしまうと査定額が一気に下落してしまいます。それと同時に、年式も重要な査定ポイントです。

走行距離が少ないことや、発売からの年月が浅い中古車の査定金額が高額になることは不動の傾向と言えるでしょう。

トヨタ・プリウスαを高く売る方法は?


エンジンの劣化に注意?

排気が白煙を出すなどの、エンジントラブルが見受けられる中古車は、大きく査定額が減額になってしまいます。もし、メーカーの保証期間内であれば、修理に出してから査定してもらうことをおすすめします。

内装と外装の注意点は?

本体についてしまった傷やフレームなどの修正は、査定前に行っておいた方が高価買取になるだろうと思ってしまい勝ちですが、ちょっと待ってください!事故による傷などは状況にもよりますが、日常生活の中でついてしまった程度の傷であれば、そのまま査定に出した方が最終的におトクなことも多いようです。

意外と気が付かない注意点は内装にあります。たばこのニオイや焦げ・ヤニなどの汚れ、ペット臭、シミが査定額に大きく影響してしまいます。外装ばかりに気を取られてしまいますが、内装の査定も重要なことを頭に入れておきましょう。

多くのショップに見積もりしてもらう理由とは?

プリウスαのように価格が高い車を中古買取に出す場合、数社に見積もり依頼を出すとわかりますが、その査定幅の大きさに驚きます。ショップによっても年式やグレードの微妙な違いによって大きく査定額が変わってくるので、こればかりは開けてみないと予想すらできません。できるだけ多くのショップに見積もりしてもらい、最高の条件のショップを見つけるのが高価買取のコツとなります。

買取の流れと必要書類は?


一括査定が便利?

多くのショップに見積もりを出すのが高価買取のコツだとお話ししましたが、そこで重宝なのが一括査定です。一度入力するだけで数社から買取金額が、メールや電話などでもらえる方法です。利用者も増えている効率良い方法なのでおすすめです。

必要書類とは?

中古車の買取には、多くの書類が必要です。でも、中古車買取ショップなどのプロに任せることでスムーズに対処できますので、心配は無用と言えるでしょう。

ざっくりとですが、必要書類を説明しておきましょう。車検証・自動車税納税証明書・
リサイクル券・自賠責保険証などは、車に収納してあるファイルに入っているのが一般的です。心配でしたら事前に一度調べておくことをおすすめします。

他には、印鑑証明書・実印も用意しましょう。委任状・譲渡証明書はお店の方で用意してくれる書類ですので、そういうものもあることぐらいは頭に入れておきましょう。

もっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にされてみてください。
⇒ 【中古車買取の準備編】必要書類と手順の手引きをまとめてみた

トヨタのプリウスα買取のまとめ

『トヨタのプリウスα』の中古買取についてまとめてみましたがいかがでしたか?トヨタのプリウスαは燃費が良いことでも日本で人気の車種です。海外ルートの強いショップでなくとも買取場所を選ばない人気機種と言えるでしょう。購入したもののすぐに手放さなくてはならない理由が生じた方は、50000kmの走行ラインを越える前に査定ショップを敏速に選ぶのが賢明でしょう。

不要になった商品を売りたい!でもどうしたものだろう?と試行錯誤しているようでしたら、まずは「ウリドキ(URIDOKI)」から、中古買取の価格相場やショップを参考にするのもおすすめですよ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。