ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYC地下鉄が1025の車両にWi-Fi、31の駅に充電ポート設置!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

観光、経済、文化などで世界の最先端をいくニューヨーク市。モバイル端末の普及を背景に、Wi-Fiなどの整備も他都市に先駆けた取り組みを展開している。

そして18日の発表によると、ニューヨーク市の地下鉄車両や駅にWi-Fiや充電ポートを整備し、誰もが移動しながら快適にネットを楽しめるようにするという。

・新車両1025台を投入

NYCの取り組みはTechableでもこれまで紹介してきた。市営の無料Wi-Fiスポット1万カ所設置や、Wi-Fi・充電ポートを備えたバスの導入などだ。

今回の地下鉄プロジェクトも、こうした流れの一環。発表によると、新車両1025両を投入し、駅31カ所をリノベーションする。

・プラットフォームにも充電ポート

公開されたデザインを見ると、駅のプラットフォームにはWi-Fiが整備され、電車を待つ間、ネットをしながら充電もできる。

同様に、車両内にもWi-Fiと充電ポートが整備され、乗客はNYCの深い地下を移動しながらでもネットを閲覧したり、チャットしたりすることができるようになる。この新車両は2020年までにお目見えする見込みだ。

・移動しながら接続&充電は当たり前?

日本でもWi-Fiを備えた車両はあるが、充電ポートまで整備している例は聞かない。

どこに行くにもスマホやタブレットなどの端末を持ち歩く時代。バスも電車も飛行機も、Wi-Fiや充電ポートの整備が当たり前の時代になるかもしれない。

New York State

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP