ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今日はハンバーガーの日】コンビニバーガー界の革命児! ローソン「はみでるバーガー」の人気が凄まじい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

今ローソンから発売されている「はみでるバーガー グラタンコロッケ」がもぐナビの口コミや各SNSサイトで話題になっています。

至福を感じられる!

休憩時間にLAWSONのはみでるバーガーを食べるの、”至福”としか言えない

— あおくん (@blue___usg25) 2016年6月7日

 

2016年の6月にリニューアルされたばかりではありますが、はみでるバーガーの人気の理由はどういった点にあるのでしょうか?

今回はその魅力についてまとめてみました。

美味しい&食べ応えがある!

見た目にばかり意識がいってしまいますが、味も美味しく、手に持つとずっしりと重みを感じることができます。

ローソンの
はみでるバーガー
グラタンコロッケ
コレ美味しいです!
結構重くて
食べごたえもある! pic.twitter.com/08qaOnnxZP

— ラキシス (@LUXIS_brg) 2016年7月1日

 

最後には具が残るほどはみ出てる

トッポに限らず、中身の具材は最後までずっしり入っていると嬉しいですよね。

もちろん、はみでるバーガーにはそんな心配は要りません。なんていったってはみ出てますから。

はみでるバーガーの何が素晴らしいって必ずバンズが先になくなって最後に具だけが残るはみでようなところ

— ぱりう (@PARIPARI_bar) 2016年6月12日

 

バンズまで揚げてある

袋の外から見るとわかりにくいかもしれませんが、実はコロッケだけではなく、コロッケを挟むバンズまで揚げてあります。

そのためカロリーは491kcalと破壊力バツグン。

ダイエット中の方は、覚悟して召し上がってみてください。

朝歩きの土産はローソン「はみでるバーガー グラタンコロッケ」税込135円。コスパよし味よし、ただしバンズまで揚げパンなので熱量491KCのヘビー級。減量目的のウォーキング中には絶対に買ってはいけない品でした。 pic.twitter.com/20EtM0Hcgz

— 冨永 格 (@tanutinn) 2016年7月11日

 

何より安い

はみでるバーガーが素晴らしいのはボリューム面だけではありません。

価格に関しては税込125円とかなりリーズナブル。

お腹を満たすには持って来いの一品というわけです。

はみでるバーガー
グラタンコロッケ
このボリュームで125円は安い!!
美味い!!

— ZU-SHIMI (@zushimidance) 2016年7月6日

 

実はメンチカツバージョンもある

はみでるバーガーには、グラタンコロッケだけではなく、メンチカツバージョンもあります。

しかももぐナビ内では、グラタンコロッケよりも高評価。

グラタンコロッケを試してみた後は、ぜひメンチカツバージョンにもチャレンジしてみましょう。

はみでるバーガーのグラタンコロッケに最近はまってたのに、間違えて、メンチカツを買ってしまった。
違う種類があったとは。。。 pic.twitter.com/dzJISoHLu8

— アイドラー (@idoler_nao) 2016年7月8日

 

まとめ:超高ボリューム&低価格

うまい、でかい、やすいの三拍子揃った「はみでるバーガー グラタンコロッケ」。

コンビニのバーガー系商品としては異例といっても人気が出ています。

今後ローソンへ行く機会があった際は、ぜひ1つ手にとってみてはいかがでしょうか。

 

実はセブンイレブンにも

モーニング はみでたチキン(バジルペッパー)☆d(^_^o) (@ セブンイレブン 高松木太町店 – @711sej in 高松市, 香川県) https://t.co/X7PKFXsUne pic.twitter.com/0O0qQIWv9W

— つん太 (@tunta_marikichi) 2016年7月12日

 

ちなみにセブンイレブンにも「はみでたチキン」なるものが登場しています。

いったい今後はどれだけはみでてるバーガーが登場するのでしょうか。

 

ローソン はみでるバーガー グラタンコロッケ

関連記事リンク(外部サイト)

抹茶オレみたい!ミルクを注ぐと色が変わるよ
【井村屋あずきバーの日】 井村屋はランクインしてるかな? 人気あずき食品BEST5
実はレシピどおり作ると最高にオイシイ! 「バーモントカレーの箱」が有能すぎる件

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。