ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

唐辛子「プリック・デーン」を使用したタイの東北料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月19日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、暑さを吹き飛ばす衝撃の激辛料理を特集したコーナーで、坂田陽子さんが「イサーン・キッチン」(東京都世田谷区)を訪れた。

東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩3分ほどにある同店は、唐辛子が入った酸味と辛さのあるソースが食欲をそそる「ガイヤーン(鶏肉のスパイシー焼き)」(980円/税込み)や、辛さとハーブの爽やかな味わいの「ゲーンオムヌア(牛肉のハーブスープ)」(1200円/税込み)などタイ料理の辛さの原点とも言われているタイ東北料理が楽しめるお店。
激辛料理として「ソムタムプーパラー(青パパイアのサラダ)」(980円/税込み)を紹介。生の青いパパイヤ、ニンニク、ヒリヒリとした強い辛味が特徴の唐辛子「プリック・デーン」10本、沢ガニの塩漬け「プーケム」、川魚の塩漬け「プラーラー」を混ぜ合わせ、野菜と一緒に盛り付けた一品。食した坂田陽子さんは「辛い!辛い!辛い!瞬殺!辛い!でもね、辛さの後に魚の風味とコクがずっと口の中に余韻で残る。」とコメント。
続いて「チムチュム(イーサン地方の鍋)」(980円/税込み)を紹介。タイ・イーサン地方の激辛鍋料理を春雨ラーメン風にアレンジしたメニュー。豚の背ガラを使用した豚骨スープに野菜や肉、オイスターソース、レモン汁、唐辛子「プリック・デーン」、卵を加えた一品。坂田陽子さんは「おいしい!しっかりと豚骨スープのベースがあって、旨味が感じられて、そこにハーブの風味がワッと出ているので辛さがスカーッとしてるんですよ。私これ好き!激辛でも大丈夫!」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:タイ東北料理 イサーン・キッチン (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:三軒茶屋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介
ぐるなび検索:三軒茶屋×アジア・エスニック料理のお店一覧
唐辛子「キャロライナ・リーパー」を使用した激辛担々麺
唐辛子「プリック・デーン」を使用したタイの東北料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP