ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

無線カメラユニットで自分好みのセッティング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
無線カメラユニットで自分好みのセッティング

無線カメラユニットは、さまざまなモノに組み込めることが最大の魅力。カメラやバッテリー、基板などがユニットに分かれているため、自分好みのセッティングができます。専用アプリをインストールすれば映像はスマホからチェック可能。無線カメラユニットを詳しく見ていきましょう。

無線カメラの映像確認はスマホから

無線カメラユニット「TMC-P900」は基板、カメラレンズ、バッテリーから構成されています。各パーツがケーブルでつながっている状態なので、さまざまなモノに仕込めるアレンジ性が魅力です。

実際に、室内履きのクロックスに無線カメラを仕込んでみました。基板やバッテリーなどは見えないように奥へ押し込みます。カメラは穴に紛れて分かりません。動体検知機能付きなので、ムダな電力消費を抑えられます。

無線カメラの映像確認はスマホから。専用アプリをインストールして、スマホで映像をリアルタイムで確認できます。さらに、無線LAN設備があれば外出先からでもチェック可能です。

無線カメラは防犯用にしてもOK

無線カメラの視野角は55度、動画記録解像度は最大1280×720ドットです。記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)で、連続録画時間は約120分となっています。電源はリチウムイオン充電池(1,500mAh)です。

サイズはモジュール部分が43W×40H×9Dmm、スイッチ部分が38W×22H×10Dmm、バッテリー部分が62W×36H×12Dmm、フレキシブルケーブルが138mmです。重さは合計で48g。実勢価格は19,224円です。

無線カメラユニットは、シーンに合ったカメラを自作できるのが最大の特徴。スマホで映像をモニターできるため持ち運び用としても使いやすく、ネットワークカメラ機能で防犯用にしてもOKです。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。