ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクが1位に再浮上!スクールボーイ・Qは2位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 再び息を吹き返し、ドレイクの『ヴューズ』が10週目のNo.1をマークした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 先週は、ブリンク182の新作『カリフォルニア』(今週3位)の登場により、一旦首位の座を譲り渡したが、今週返り咲きの首位獲得となった、ドレイクの『ヴューズ』。正確にいえば、売上自体は先週の11万枚から9万枚へと、数字を落としているので、「息を吹き返した」というよりは、「他のアルバムがドレイクに及ばなかった」というべきか。今週のアルバム・チャートは、3位以下、週間セールスが3万枚程度と、全体的に低迷している。

 残念ながらドレイクには届かなかったが、ラッパー、スクールボーイ・Qの新作『ブランク・フェイス・LP』が、初動枚数7万枚を突破して、2位に初登場した。2014年に初のNo.1を獲得した、3rdアルバム『オクシモロン』に続く2年振り、4枚目のスタジオ・アルバムで、2作連続のTOP3入り(R&Bチャート、ラップ・チャート共に2位)を果たした。全17曲、72分という大ボリュームで、ゲストには、人気R&BシンガーのミゲルやSZA、カニエ・ウェストやジェイダキス、E-40等、ベテラン・ラッパー陣も参加している。

 【第70回トニー賞】で最多11部門での受賞を果たした、『ハミルトン』のブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤が先週の8位から5位に再び浮上。受賞翌週の7月2日付チャートで13位から3位へ急上昇し、4位、8位と一旦下降するも、今週再び浮上したのは、【トニー賞】で<助演男優賞>を受賞したダヴィード・ディグスと、<助演女優賞>を受賞したレネー・エリス・ゴールズベリーが、7月15日に降板すると発表された影響かもしれない。

 8位に登場したのは、イリノイ州出身のオルタナティブ・ロック・バンド、シェヴェルの8thアルバム『ザ・ノース・コリドール』。最高位3位をマークした前作『ラ・ガルゴラ』から2年振りとなるアルバムで、通算4作目のTOP10入り。その前作に続き、プロデューサーにはジョー・バレッジを迎え、そのサウンドを継承した内容に仕上がっている。

 10位に初登場したのも、オルタナ系ロック・バンドのスウイッチフット。来年でデビュー20周年を迎える彼らの通算10枚目となるスタジオ・アルバムで、本作『ホエア・ザ・ライト・シャインズ・スルー』で、通算4作目のTOP10入りを果たした。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、13日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ヴューズ』ドレイク
2位『ブランク・フェイス・LP』スクールボーイ・Q
3位『カリフォルニア』ブリンク182
4位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ
5位『ハミルトン:アメリカン・ミュージカル』サウンドトラック
6位『アンチ』リアーナ
7位『レモネード』ビヨンセ
8位『ザ・ノース・コリドール』シェヴェル
9位『25』アデル
10位『ホエア・ザ・ライト・シャインズ・スルー』スウイッチフット

関連記事リンク(外部サイト)

7月30日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
7月30日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ドレイク、10年前の生活が窺える母親宛の手紙を暴露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP