ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』特報解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『アナと雪の女王』で歴史を塗り替える驚異的な大ヒットを記録したディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』の特報が、解禁された。

 今回解禁された特報は、まだあどけなく愛らしい子供の頃のモアナが浜辺で遊んでいるシーンから始まる。何かに導かれるように“よちよち歩き”で波打ち際へ向かうと…まるでモアナのことを愛おしく想っているかのように”海”が戯れる。この特報ではモアナが海に愛されるきっかけを描いた、本編でも非常に重要なシーンの一部を切り取っている。そして、モアナの可愛らしいと共に注目したいのは“海”の美しさ。海を1 つのキャラクターとして描いた本作では、これまでに見たことのない海の存在が大きな注目ポイントとなっており、驚くのはその美しい映像。約1分間の映像ながら、数々の名作を生み出してきたディズニー・アニメーションのさらなる進化を期待させる、まるで本物の南太平洋の海と見紛うほどの煌めく海と、“海に愛される”というモアナの魔法のような特別なチカラを感じるに十分な説得力が<見たこともないような驚きの映像美>で表現されている。

 そして、ディズニー・アニメーションの大きな魅力の1つは、誰をも魅了する歴代ヒロインたちの美しい歌声だ。2014年に音楽チャートを賑わせた『アナと雪の女王』でアナとエルサの歌声も記憶に新しいが、本作の英語版でヒロイン モアナを演じるのは新人アウリー・クラヴァーリョ。彼女は数千人の候補の中から大抜擢された普通の女の子。『アラジン』『リトル・マーメイド』といった伝説的な名作を世に贈り出し、『モアナと伝説の海』も監督する巨匠ゴールデンコンビのロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督の目にとまり大抜擢されたのだから、その演技力と美しい歌声は折り紙つき。今回の映像では“幼少期のモアナ”だが、正真正銘のシンデレラストーリーを地で行くニューヒロイン アウリー・クラヴァーリョが演じる“少女モアナ”は、どんな歌声を披露してくれるのか?今後の映像にも期待がかかる。

◎映画『モアナと伝説の海』特報
https://youtu.be/diAKqIIiY6g

◎公開情報『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

『アナ雪』が遂にディズニー・チャンネル初登場 その他関連作品も連続オンエア
7/16より公開『ファインディング・ドリー』 監督が明かすニモの“超重要”な役割とは?
Little Glee Monsterがディズニー『ジャングル・ブック』のキャンペーンソングを担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP