ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

文豪たちも愛した”銀ブラ”の起源ともいわれる、老舗珈琲店とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
文豪たちも愛した”銀ブラ”の起源ともいわれる、老舗珈琲店とは?

 全国各地に残る、明治〜昭和期にかけて活躍した文豪たちの足跡。文豪たちが愛した食べ物や常宿、好んだ場所……それらのなかには、現在もなおその場所に息づき、追体験することのできる味や景色があります。

 書籍『文豪聖地さんぽ』では、太宰治、芥川龍之介、谷崎潤一郎、森鷗外、中島敦、泉鏡花、江戸川乱歩、樋口一葉をはじめとする文豪たちの足跡を辿りながら、現在でも当時の面影を感じることのできる聖地を巡ります。

 たとえば、日本を代表する美味名店が集まる”銀座”での食は、文豪たちの舌をも魅了。1869年、日本初のパン屋”文英堂”として創業した”銀座木村家”が1874年に完成させた、酒種を使った生地であんを包んで焼き上げる”あんぱん”は森鷗外のお気に入りだったそう。日本人の嗜好に合わせたその味は評判となり、明治天皇にも献上されたのだといいます。

 この銀座木村家から歩くこと10分、”竹葉亭 本店”は夏目漱石や永井荷風、斎藤茂吉らにも愛され、その小説のなかにも登場した鰻の老舗。

「時に伯父さんどうです。久し振りで東京の鰻でも食っちゃあ。竹葉でも奢りましょう」(夏目漱石『吾輩は猫である』)

「話にその小使の事も交って、何であろうと三人が風説とりどりの中へ、へい、お侍遠様、と来たのが竹葉」(泉鏡花『婦系図』)

 このように当時から、東京を代表する人気の名店だったことが伝わってきます。

 さらにここから5分ほど歩けば、”カフェーパウリスタ 銀座店”が。1911年に創業したパウリスタは、大正時代、文化人のサロンとして親しまれ、芥川龍之介や久米正雄、久保田万太郎らも訪れたというコーヒーの名店。なんとこのパウリスタ、”銀ブラ”という言葉の発祥ともいわれているのだそうです。

「”銀ブラ”という言葉の発祥には諸説あるが、そのひとつに『銀座のパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行くこと』というものがある。銀座の『銀』とブラジルコーヒーの『ブラ』をくっつけたもので、大正初め、当時慶應大学の学生だった久保田万太郎、佐藤春夫、堀内大學、小島政二郎らが作ったとされる。彼らの生活にとって、パウリスタでのコーヒータイムは欠かせないものだった」(本書より)

 そして徒歩1分の距離にあるのは、”資生堂パーラー 銀座本店”。1928年の開業以来、銀座で愛され続けているレストラン・資生堂パーラーは、谷崎潤一郎や永井荷風らのお気に入り。

 最後に、ここから徒歩5分のところにある”銀座・ルパン”は、里見弴、泉鏡花、菊池寛、久米正雄ら文人の協力を得て1928年に開店した老舗バー。永井荷風、直木三十五、川端康成、大佛次郎、林芙美子ら錚々たる顔ぶれが常連客として通い、戦後は太宰治、坂口安吾、織田作之助も来店していたのだといいます。

 文豪たちの足跡を辿りながらの街歩き。さまざまな発見が待ち受けているかもしれません。

■関連記事
“ちょいワルオヤジ”のマンマの味を再現! イタリア全20州を網羅したレシピ集
究極のおつまみ 枝豆に合うのは、ビールより日本酒?
女子会で一目置かれる”手みやげ”とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。