ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットボトルを切って使える3Dペン「Renegade」が革命的にエコ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ペットボトル」。落下しても割れない、軽い、捨てるのも簡単と、かなりレベルの高い容器です。しかも、リサイクルが可能で洗剤の容器やゴミ袋、事務用品など、生まれ変わりの選択肢もかなり多い。

でも、飲んだペットボトルは捨てちゃったり、回収ボックスに入れたりするので、私たちは「リサイクルに貢献している」といった感覚は、あまりないですよね。

・ペットボトルが直接材料になる


そんなペットボトルを直接再利用できる3Dペン「Renegade」が登場しました。カラフルなプラスチック材料の代わりに、ペットボトルが直接使えるんです。・・・ちょっと意味がわからないですが事実なんです。

動画ではファンシーなキャラクターがペットボトルを規定の太さにザクザクカットするシーンもあり、「あ、これマジだ」ってことがわかります。

3Dペンはその名の通り、空中に絵を描けるペン。紙と違って空間も使うので、材料の消費が多い。大作を作るとなると、それなりに材料費もかかります。制作費が足りなくて作品が完成しない。それだけは避けたいですよね。

・革命的な3Dペン(経済的にも)


リサイクルされるとはいえ、ただ捨てられちゃうことも多いペットボトル。これらがそのまま使えるってなんてエコ。そしてなんてお財布に優しいんでしょう。

派手な色のペットボトルがあれば特におあつらえ向きですね。

Renegade 3Dタッチペンは、現在Kickstarterで出資を募っていて、60€(役7020円)の出資から3Dペンをもらえます。

普段何気なく捨ててしまうペットボトルで大作が作れるかも。執筆時点でまだ目標額まだあとちょっと。というところなので、気になるかたはチェックしてください。

詳細はコチラ→Renegade: The First 3D Pen to Run on Plastic Bags & Bottles by Daniel Edwards — Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP